テーマ:ロータス

Watkins Glen 1967

F1もヘレスで合同テストが行われていますね。早くも来シーズンに向けてのテスト、トヨタは日本の若手ドライバーを積極的に登用しています。日本人のF1ドライバーが多数参戦することは、日本でのF1人気が盛り上がりますので大歓迎ですね。さて今回は歴史を遡って1967年のUS-GPについてです。 この年は開幕前の下馬評では、J.クラークが1963…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

1965年 インディ500

先日、http://motorsport.com/photos/を見ていると、J.Clarkの写真がありました。その中に1965年のインディ500の写真が数枚掲載されていました。ドライバーのJ.clarkは1960年代のナンバー1だと思っていますし、以前ブログでもご紹介していますので、ご存知だと思います。 このレースは、インディ史上初…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨッヘン・リントとモナコGP

J.リントも好きなF1ドライバーの一人です。オーストリア人なのですが、よくオーストラリア人に間違われたそうです。現在は、B.ベルがーなどオーストリア出身のF1ドライバーはたくさんいますが、当時はタスマン勢と言って、オーストラリア・ニュージーランド出身のF1ドライバー(J.ブラバム、B.マクラーレン、D.ハルム、C.エイモンなど)が多数い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジム・クラークについて

昨日のネタに引き続き、J.クラークについて書いてみます。ご存知の方も多いと思いますが1960年代を代表するF1ドライバーです。私が初めて知ったF1ドライバーでもあります。 F1はロータス以外にはのらず、他のカテゴリーでもほとんどロータスに乗り、他メーカーの車にはほとんど乗らなかったことも有名です。こんな本が昔でていましたので購入して、J…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1965年F1イギリスGP

1965年は、J.クラークがロータス33に乗って快進撃を続けた年として有名です。1963年にもF1ワールドチャンピオンになっていますが、この年は開幕から6連勝(正確には、モナコGPは欠場していますから、1+5連勝です)して、2度目のワールドチャンピオンになっています。 特に、後で知った話ですが、このイギリスGPは、レース後半でオイルポン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more