テーマ:マクラーレン

イギリスGP公式予選、ハミルトンが母国でポール獲得

イギリスGPの公式予選が終了し、ハミルトンが母国で嬉しいポールを獲得しました。イギリス人ドライバーのポール獲得は12年ぶりとのことです。以下2番手ライコネン、3番手アロンソ、4番手マッサ、5番手ロバート・クビカ、6番手ラルフ・シューマッハー、7番手コバライネン、8番手フィジケラ、9番手ハイドフェルド、10番手トゥルーリというトップ10と…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

アメリカGPはハミルトンが優勝

マクラーレンのハミルトン選手が見事ポール・トゥ・ウィン、カナダGPに続き2連勝です。2位はアロンソ選手、3位はフェラーリのマッサ選手で、4位がライコネン選手でした。5位には期待の若手、コバライネン選手が入りました。最近好調な走りを見せていたBMWザウバーのハイドフェルト選手は終盤に入ったところでリタイア、クビサ選手の代役としてF1デビュ…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

アメリカGP予選、ハミルトンがポール、2番手にはアロンソ

カナダGPとフロントローは全く同じハミルトンとアロンソ。そしてQ3のセクター2でちょっとしたミスでポールを逃したことまで一緒のアメリカGPのアロンソです。果たして決勝での巻き返しはできるのかどうかスタート次第かもしれません。 1 L・ハミルトン マクラーレン 1:12.331 2 F・アロンソ マクラーレン 1:12.50…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

カナダGP決勝、ハミルトンが初優勝を飾る

ポールポジションからスタートしたマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンは、1時間44分11秒292をマークしてポール・トゥ・ウィンでキャリア初優勝を飾った。 デビュー以来5戦連続で表彰台入りを果たしているハミルトンは、クラッシュが頻発して4度セーフティーカーが導入された影響で各選手が混乱に陥り、ペナルティや失格処分を受ける選手が…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

カナダGP予選、ハミルトンが初のポール、2番手にはアロンソ

カナダGPの公式予選がジル・ビルヌーブ・サーキットを舞台に行われ、マクラーレンのルイス・ハミルトンがF1デビュー6戦目で初のポールポジションを獲得しました。2番手にはフェルナンド・アロンソが入り、2戦連続でマクラーレンがフロントロウ独占。3番手はニック・ハイドフェルドとなり、フェラーリのライコネン、マッサは4,5番手となっています。 …
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

アロンソがモナコ2連覇達成

モンテカルロ市街地コースを舞台にモナコGPが行われ、マクラーレンのフェルナンド・アロンソがポール・トゥ・ウィンを達成しました。2位にはルイス・ハミルトンが続きマクラーレンがワンツーフィニッシュ。ハミルトンは開幕からの連続表彰台記録を5に伸ばしています。3位はフェリペ・マッサが入りましたが、今回はマクラーレンの敵にはならず唯一同一周回でゴ…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more