テーマ:モータースポーツ

アトキンソン表彰台、ローブはモンテ5勝目

ローブの強さのみが目立ったモンテカルロラリーでした。初日からトップにたち一度もその座を譲らなかったローブ、この結果を見る限り、今年のWRCはローブを中心に展開していくと見て間違いないような気がします。 今年はやってくれるのではないかと密かに期待していたスバルですが、ライバルチームのトラブルに助けられた感はありますがアトキンソンが見事に…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

BMW、レッドブルが新車発表

今週は2強を脅かしそうな勢いのある2チームがニューマシンを発表しました。どちらのマシンも2007年型からの脱皮を図った斬新な仕上がりのようです。 いずれのチームもシェイクダウンテストは無事終了しましたので、今後のテスト結果が気になるマシンといえそうですね。 写真は http://news1.as-web.jp/contents/…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

まとめて紹介、フェラーリ、マクラーレンそしてトヨタ

先週に発表されたF1ニューマシンです。すでにフェラーリとマクラーレンはシェイクダウンテストも終了して満足のいく結果を得たと報道されていますから今年もこおn2強の争いになるのかもしれません。トヨタはTF107からかなり変更されているようです。シェイクダウンテスト以降の結果が気になります。 発表会は各チームユニークで、フェラーリはステアリ…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

謹賀新年

今年も皆様よろしくお願いします。 年末にラルフが1年休養というニュースが入ってきましたが、今年のF1は中嶋一貴が新たに参戦、佐藤琢磨と2人のドライバーが揃う日本人にとってはたまらない展開です。 WRCはスズキも本格参戦、スバルもここ数年の低迷から脱さないと大変! WGPは青山博一、小山知良のKTMコンビが大暴れしそうな予感! …
トラックバック:13
コメント:4

続きを読むread more

ローブ最終戦で3位、合計116得点で4連覇達成

タイトル戦が最終戦まで持ち込まれたWRC、その最終戦が英国ウェールズで行なわれました。ラリーグレートブリテンの第1レグはフォードのヒルボネンがリードを奪い、これにグロンホルム、ローブとチャンピオンを争うふたりが続く展開となりましたる。第2レグに入ってもヒルボネンが速く、首位をキープ。タイトル争いでグロンホルムを6点リードするローブはもは…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ラリーアイルランドはローブが優勝

WRC第15戦のラリーアイルランドはシトロエンC4のセバスチャン・ローブが合計タイム3時間01分39秒2を記録してシーズン8勝目を挙げました。この結果により最終第16戦を前にローブはドライバーズランキングで首位に立ち、4年連続の年間王者に向けて王手をかけました。 ドライバーズランキングでトップだったマーカス・グロンホルムはレグ1でリタ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

バレンシアGPは地元ペドロサがうれしい優勝

地元のダニ・ペドロサが今シーズン2勝目を飾り詰めかけた大観衆の期待に応えました。2位はケイシー・ストーナー、3位はジョン・ホプキンス。予選でのクラッシュで手を骨折したヴァレンティーノ・ロッシは、レースに出場したもののリタイアに終わり、チャンピオンシップはペドロサがロッシを逆転して2位を獲得しました。このレースがMotoGPP最後のレース…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

スバルファンには残念だったラリージャパン

ラリージャパンが終了して数日が経過しました。スバルを応援していた身としては、かなり残念な結果になってしまい、ブログ更新が遅れてしまいました。 レグ1でソルベルグがリタイアした段階で、今年のラリージャパンは終わってしまいましたが、レグ2の頑張りを見ていると、そしてグロンホルム、ローブのリタイアという現実に接すると、レグ1をうまく乗り切っ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

2008年のF1カレンダーが正式発表

接近した上位争いが繰り広げられ、エキサイティングなシーズンになった今年のF1,シーズンも幕を閉じ、世界モータースポーツ評議会の会合が行われ、来年のF1世界選手権の正式なカレンダーが発表されました。 カレンダーによれば、開幕戦は3月に行われ、最終戦は11月。またレースは全18戦で争われることになり、今年と比べると1戦増加することになりま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ライコネンが奇跡の逆転王者、中嶋は10位完走

ブラジルGPは、サンパウロのアウトドロモ・ジョゼカルロス・パセで決勝を行い、年間3位だったフェラーリのキミ・ライコネンが1時間28分15秒270で勝ち、110点として逆転で初の年間王者の座に就きました。ライコネンは2連勝で今季6勝目、通算15勝目でのうれしい戴冠です。 107点で年間トップだったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミル…
トラックバック:31
コメント:4

続きを読むread more

マレーシアGP決勝 ストーナーが今シーズン10勝目を飾る

セパンで行われたマレーシアGP決勝は、2番グリッドからスタートしたケイシー・ストーナーがスタートでダニ・ペドロサを交わしてからトップを独走し、今シーズン10勝目を飾った。2位はマルコ・メランドリ、3位はペドロサとなった。 1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 43:04.405 2 M・メランドリ ホンダ・グレシー…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ラリー・フランス/ツール・ド・コルスはローブが連勝

WRC第13戦ラリー・フランス/ツール・ド・コルスが行われ、トロエンのセバスチャン・ローブがトップでフィニッシュして今季7勝目をマークしました。 最初のSSでは、グロンホルムにリードされたローブでしたが、得意のコルシカ、初日の午後からはトップをキープしてグロンホルムとの差を徐々にひらいて終わってみれば完勝でした。 ラリージャパンに向…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリアGP決勝 ストーナー独走で今期9勝目

オーストラリアGP決勝は、ワールドチャンピオンとして母国に凱旋したケイシー・ストーナーが独走を計り、今シーズン9勝目を飾りました。1ー2フィニッシュを達成したドゥカティは、今シーズンのコンストラクターズタイトルを獲得しました。これでドライバーとのダブルタイトル獲得です。 決勝 Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ラリー・スペインはローブが優勝

WRC第12戦ラリー・スペインが行われ、セバスチャン・ローブが優勝しました。2位にもソルドが入りシトロエンはワン・ツゥーフィニッシュです。これでグロンホルム・フォードとのポイント差を詰めて逆転チャンピオンに向けて絶好の再スタートをきっています。 スバルはトップ10に3台入りましたが、表彰台には届かない順位と速さ、コルシカ以降のラリーで…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ライコネンの執念が勝り、中国GPを制する

やはりチャンピオンの重圧はあるのか、脅威の新人はミルトンもその洗礼を受けてしまったようです。トップを快走していたハミルトンですが、タイアが磨り減りライコネンにその座を奪われてのピットインに悪魔は潜んでいました。焦ることはない状態でしたがピットへの進入スピードが速くグラベルへ飛び出してしまいリタイア、ノーポイントに終わりました。 最終ブ…
トラックバック:17
コメント:2

続きを読むread more

明暗分かれたマクラーレンの2人、ライコネンの執念を見た日本GP

ハミルトンの優勝で終わった日本GPですが、見所満載のスリリングなレースでした。セーフティカー先導によるスタートでこの先どうなるかと思いましたが、ピットストップ作戦の妙味が見られましたし、また雨により随所でバトルが見られました。 。 すべてが順調だったハミルトンに比べて、アロンソはピットタイミングが速かったのが失敗の始まりだったと思い…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

30年ぶりの富士でのF1日本GP公式予選結果

x午前中に予定されていたフリー走行は悪天候のせいで中断となってしまいましたが、予選はウエットコンディションで時間通りにスタートし、スケジュール通りに進みましたんだが、上位以外は荒れ模様の予選となりました。 ポールポジションを獲得したのは、ルイス・ハミルトン、タイムは1分25秒368。2番手は1分25秒438をたたき出したフェルナン…
トラックバック:11
コメント:2

続きを読むread more

「Motor Sport Japan 2007」と日本GP

昨日、今日とお台場で「Motor Sport Japan 2007」が開催されていました。今週富士スピードウェイでの日本GP開催とあって、トヨタさんが積極的に参加していました。 トヨタ7も1969年製の日本Can-AMで優勝したマシンを展示してあり、マニアとしてはうれしい限りでした。この他にもCartのチャンピオンマシン、セリカのラリ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

MotoGP第15戦、カピロッシが3連覇

路面コンディションがウェットからドライと変化する中、早めにタイア交換(マシンチェンジ)したカピロッシが、もてぎ開催の日本GP3連覇を達成しました。同僚のストーナーも6位に入り、見事MotoGPクラスのチャンピオン決定、 ドゥカティ・マルボロチーム、BSにとっては最高の日本GPとなりました。 予選は好調だった125ccの小山選手、250…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ライコネンがスパ3連覇、2位マッサでフェラーリが今季3度目のワンツー

ベルギーGPは新装なったスパ・フランコルシャンを舞台に行われ、フェラーリのキミ・ライコネンがポール・トゥ・ウィンで今季4勝目を手にしました。2位にはチームメイトのフェリペ・マッサが続きフェラーリが今期3度目のワンツーです。 マクラーレンチームのポイントは剥奪の処分がくだされるなど、サーキット外の話題が豊富なF1界ですが、ここスパではフ…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

MotoGP第14戦、ロッシが接戦を制する

3番手フロントロウスタートのフィアット・ヤマハ・チームのロッシが、第9戦オランダGP以来、今季4勝目を挙げました。1 周目を4番手で終えたロッシは、3周目に3番手、9周目に2番手、そして続く10周目にトップに浮上、その後はペドロサとドグファイトを展開、最後にペドロサを振り切りチェッカーを受けました。 1 V・ロッシ フィアット・…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

アロンソの強さが際立ったイタリアGP

アロンソの強さ、マクラーレンの強さが際立ったイタリアGPでした。フェラーリの地元、真っ赤に染まったモンツァのスタンドが静まりかえってしまったゴールシーン、もうフェラーリの逆襲は考えられないのかもしれないと感じてしまうほど、完璧なレースをアロンソはしてと感じました。 フェラーリにしても、ライコネンのフリー走行3回目のクラッシュ、マッサの…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

ラリー・ニュージーランドは激戦を制したグロンホルムが優勝

WRC第11戦、ラリー・ニュージーランドは、年間順位で首位のマルクス・グロンホルムが合計3時間52分53秒9で勝ち、今季5勝目(通算30勝目)を挙げました。ラリーは最終ステージまで1秒を争う戦い、最終のSSでローブがトップタイムをマークしましたが惜しくも及ばずグロンホルムの優勝が決定しました。 また併催のPWRC第5戦で、新井敏弘が逆…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

MotoGP第13戦、ストーナーが3連勝を飾る

WGP第13戦・サンマリノGPはイタリアのミサーノアドリアティコで決勝を行い、ポールポジションからスタートを決めたケーシー・ストーナーが44分34秒720でポール勝ち、今季8勝目、通算8勝目を挙げました。ロッシがリタイアしたため、次戦で優勝、ロッシが6位以下ならチャンピオン決定となります。過去年間8勝をあげたライダーはチャンピオンになっ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

ラリー・ドイツはシトロエンのローブ優勝。白熱の2位争いはデュバルが制す

WRC第10戦ラリー・ドイツはレグ2で総合首位に立ったセバスチャン・ローブが最後までリードを守りきり今季5勝目を飾りました。 スバル勢はペター・ソルベルグ(スバル・インプレッサWRC07)の6位が最上位。ソルベルグはクラッチに問題を抱えながらも、SS17とSS18で3番手、SS19で2番手のタイムを出すなど終盤に入って調子を取り戻した…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

MotoGP第12戦、誰にも止められないストーナーが独走優勝を飾る

チェコGP決勝は、ポールポジションからスタートしたケイシー・ストーナーが独走をはかり、2位のジョン・ホプキンスに6秒の差をつけて優勝を飾りました。3位にはニッキー・ヘイデンが入りましたが、2人ともストーナーを脅かすことはできませんでした。 ヴァレンティーノ・ロッシは7位に終わり、ストーナーとのポイント差は60まで拡大してしまいました。…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ハンガリーGP決戦はハミルトンが制す

ハンガリーGP決勝はハンガロリンクを舞台に行われ、70周のレースはマクラーレンのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインで通算3勝目を挙げました。2位はキミ・ライコネン、3位はニック・ハイドフェルドとなり、アロンソは4位に終わりました。 ハンガリーGP終了後、フェルナンド・アロンソは2009年までのマクラーレンとの契約を全うするかどう…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ラリー・フィンランド、アトキンソンとポンスがトップ6でフィニッシュ!

ラリー・フィンランドは、マーカス・グロンホルムが優勝しました。グロンホルムがまたひとつ偉大なるレコードを更新しました。2000年にラリー・フィンランド初勝利を飾ったグロンホルムは以降、2003年にマルコ・マルティンに1度勝利を譲った以外はすべて優勝。これまでにラリー・フィンランド6勝をマーク、そして今回7勝目を挙げたことで、グロンホルム…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

MotoGP第11戦、ストーナー今期6勝目

ストーナー強いの一言。このままチャンピオンへまっしぐらという速さと強さを見せたレースだったようです。これで4位に終わったロッシとは44ポイント差となり、チャンピオン意むけての視界は良好です。 1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 44:20.325 2 71 C.バーミューレン スズキ B +9.865 3 33 マル…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

雨のヨーロッパGP、アロンソが優勝

雨がヨーロッパGPの結果に大きな影響を与えました。ポールスタートのライコネンはピットストップのタイミングを逸してレースが落ち着いた段階では3位となってしまいました。その後マシントラブルでリタイアと彼にとっては散々のレースだったと思います。 またマッサも最後の最後でアロンソに逆転されるなど、フェラーリにとっては厄日だったのではないでしょ…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more