NETスピードカップ/1968

この年は、TNT(Toyota、Nissan、Taki-racing)の激突があり、モータースポーツもよくテレビで放映されていました。このレースもテレビ観戦したのですが、ドラマ的といえばこの年の中でも一番だったのではないでしょうか。 トヨタは4台の7、日産も4台のR380、滝レーシングは、2台のローラT70とポルシェ910が1台。ポール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロータス時代のペテルソン

1973年に、ロータスF1に乗ったペテルソンはポール9回、優勝4回と絶好調でした。しかしチャンピオンはJ.スチュアートが獲得しこの年で引退、その理由の一つには、F.セヴェールの事故死も影響したと言われています。 翌年もロータス72を駆り優勝をかさねましたが、いかんせん車がデビュー6年目ともなるといかに名車といえども戦力はイマイチでした。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

F1以外のR.ペテルソン

今回は、F1以外の活躍について語ってみます。なんといっても1971年のF2でしょう。マーチ712を駆り6勝してチャンピオンになっています。またこの年はスポーツカーレースにもスポット参戦し、ワトキンスグレン6時間レースに優勝しています(アルファロメオT33-3)。 翌1972年はスポーツカーレースにフェラーリワークス(312PB)でフル参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いとしのR.ペテルソン

さて6月に入って最初のブログは、私が好きだったF1レーシングドライバーのR.ペテルソンについてです。このブログのロータス79の写真が彼です。「スーパー・スウェード」「サイドウェイ・ロニー」などのニックネームも多々ある、1970年代を代表するドライバーです。 F1デビューは1970年のモナコGP、プライベートチームのマーチに乗って7位完走…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨッヘン・リントとモナコGP

J.リントも好きなF1ドライバーの一人です。オーストリア人なのですが、よくオーストラリア人に間違われたそうです。現在は、B.ベルがーなどオーストリア出身のF1ドライバーはたくさんいますが、当時はタスマン勢と言って、オーストラリア・ニュージーランド出身のF1ドライバー(J.ブラバム、B.マクラーレン、D.ハルム、C.エイモンなど)が多数い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1967~69年のモナコGP

今週末は、伝統のモナコGPが開催されます。私がF1というものを知ったのは1965年ということはこのブログでも書いています。最初に記憶に残ったモナコGPの話をします。 それは1967年です。この頃はテレビ放送などなく、結果は雑誌(または、英字新聞:火曜日の新聞には結果が掲載されていました)でのみでした。このGPでは、フェラーリのL.バンデ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こんな映画もありました「栄光への5000キロ」

石原裕次郎が主演した映画です。結構ヒットしたと思いますので見た方も多いのではないでしょうか。五代(石原裕次郎)が、モンテカルロラリー、日本GP,サファリラリーを転戦するというストーリーです。あらすじは下記にリンクしあります。 おもしろいのは、ラリーとスポーツプロトタイプを同時にドライブしてしまうということ。当時、F1とスポーツカーレース…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジム・クラークについて

昨日のネタに引き続き、J.クラークについて書いてみます。ご存知の方も多いと思いますが1960年代を代表するF1ドライバーです。私が初めて知ったF1ドライバーでもあります。 F1はロータス以外にはのらず、他のカテゴリーでもほとんどロータスに乗り、他メーカーの車にはほとんど乗らなかったことも有名です。こんな本が昔でていましたので購入して、J…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1965年F1イギリスGP

1965年は、J.クラークがロータス33に乗って快進撃を続けた年として有名です。1963年にもF1ワールドチャンピオンになっていますが、この年は開幕から6連勝(正確には、モナコGPは欠場していますから、1+5連勝です)して、2度目のワールドチャンピオンになっています。 特に、後で知った話ですが、このイギリスGPは、レース後半でオイルポン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

F1スペインGPと欧州チャンピオンズリーグ

今日は、サッカーとF1の話題からです。 バルセロナのファンには、2つのビッグプレゼントですね。日本時間の早朝に行われた、サッカーの欧州チャンピオンズリーグ決勝で、ロナウジーニョ率いるバルセロナが、守護神レーマンを擁するアーセナルを2-1で破り、2度目の王座獲得。日曜日のアロンソのGP優勝と、お祭りが2度きたような騒ぎではないでしょうか。…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

コジマKE007について

夜なべに、納戸の片づけをしていたらこんな写真がでてきました。確か出版社に就職した友人にもらった写真の1枚です。雨の日本GP(’76F1インジャパンが正式名称)でのKE007のピットでの風景です。 長谷見昌弘が乗って、確かファステストラップをだしたと思うのですが、当時はフルタイム参戦でないと公式には認められないとかで、幻の最速ラップだった…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「グランプリ」という映画

1967年だったと思います。今はもうありませんが、テアトル東京(銀座1丁目にありました)という映画館でこの映画を見ました。F1グランプリを題材とした映画で、なんと三船敏郎がでています(たしか、ヤムラという日本の自動車メーカーの総帥:本田宗一郎さんがモデルですね)。彼が率いるヤムラとフェラーリ、BRMの3メーカーによるチャンピオン争いと男…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

自動車レースとの最初の出会い

まだ小学生だったころ、ある本屋で買った車の雑誌が、「カー・グラフィック」でした。1965年の確か10月号。タイトルも英語だったような気がします。 その中に、F1ドイツGPの記事。J.クラークが勝って、ワールドチャンピオン決定とありました。何か、葉巻みたいな車でレースするんだという印象が残っています。 それからしばらくたって、「ボーイズ・…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more