週末は、F1・ドイツGPがあります

週末には、ドイツGPが開催されます。いよいよスーパーアグリSA06のデビューレースですから、日本のマスコミは注目していると思います。勿論、私も注目しています。 さて、ドイツGPというと、1967年を思い出します。この頃のドイツGPは古いニュルブルクリンクサーキット(何と1周が22Km以上)で開催され、F1とF2の混合レースでした。このレ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

スーパーアグリSA06、ついにシェイクダウン!

スーパーアグリ待望のニューマシン、SA06が19日にシルバーストンでシェイクダウン走行を行なったそうです。これまでの白ベースのカラーリングから、赤が増えたカラーリングのSA06は、琢磨の手によってシェイクダウンされました。当初は2台用意する予定で、左近もスタンバイしていましたが、実際には1台のみで左近はもっぱら見学だったようです。 琢…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

F1・フランスGP、シューマッハの強さ際立つ

久しぶりのブログです。さて日曜日に、F1フランスGPがマクニールサーキットで行われました。結果は皆さんご存知のように、シューマッハ独走勝利で、アロンソがピットストップ2回作戦に変更して見事に2位入賞、マッサもアロンソに負けない速さを見せつけて3位入賞と予選結果を反映させて表彰台でした。 今年のF1は、ルノー+アロンソの強さが序盤は…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

1972年・フランスGP

F1の次戦はフランスGPです。フランスGPとして思い出すのは1972年です。この年は例年と違い、クレルモンフェランで開催されています。レースはマトラに乗るC.エイモンのリードで始まりましたが、パンクで後退、その後は、病み上がりのJ.スチュアートのティレルが独走して優勝しました。 C.エイモンはというと、ピットイン後、他者全てを上回るラ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

イタリアが、4度目の優勝でワールドカップは終了しました。

イタリアがPK戦の末、フランスをくだした4度目の優勝をかざりました。今朝は寝坊をして試合は見ていないのですが、何故ジタンは退場するような行為をしてしまったのかがわかりません。そのシーンのみは、ニュースで見ましたが、前後関係がわからないので、何故頭突をしたのか、どんな心境だったかが不明です。最後のワールドカップだったのに、残念です。 イタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ドイツが地元の意地で3位

3位決定戦はドイツが勝利しました。 バラック欠場でしたが、カーンが主将役を全うして、好セーブを連発し、せめてはシュバインシュタイガーが2得点の大活躍、ポドルスキも目だっていましたから、4年後のワールドカップにつながる勝利だったと思います。 ポルトガルも、デコ、ロナルドなど若手が頑張っていましたが、フィーゴが出てきてから、活気づいたよう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ決勝進出ならず、イタリアが決勝へ

今日未明から行われた、ドイツvsイタリア戦は、延長までもつれこむ接戦のすえ、イタリアが2-0で勝ち決勝進出を決めました。試合は前半はイタリア、後半はドイツが押し気味に試合を進めましたがゴールは奪えず延長戦に入りました。 延長戦は、双方決定機を逃し、これはPK戦かと思われた延長後半14分にイタリア・グロッソが決勝ゴール。必死に同点を狙うド…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

フェラーリ復活のワントゥ

シューマッハを先頭にいざスタート、あっという間に1コーナーへ、そこで何と多重クラッシュ発生、あっという間に7台がリタイアするという荒れ模様でレースはスタートしました。 7週目に、セーフティカーが外れて再スタート、マッサがトップを奪い、琢磨・モンテイロが1コーナーで接触、この段階で9台がリタイアするという、最近のF1では考えられない展開と…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

ドイツ、イタリアが4強へ名乗り

4度目の優勝を狙うドイツと3度目の王者を目指すアルゼンチンの対戦は、アルゼンチンが後半4分にアジャラのゴールで先制、ドイツは後半35分、クローゼのヘディングシュートで追いつきました。 延長戦で決着がつかず。PK戦では、レーマンがスーパーセーブを連発し、4-2で勝利、見事に4強いりです。やはり地元サポーターの威力はすごいですね。 ただ、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今晩ドイツが登場します

いよいよ今日から、ワールドカップも準々決勝、地元ドイツがアルゼンチンと対戦します。両チームとも調子落ちの選手はいませんので、好試合が期待されます。 ドイツは、FWのクローゼが4得点と好調ですから、彼をポスト役として利用することが考えられますし、決定力もありますから彼にスルーパスをとおすことも考えられます。また、バラックも本調子に近づいて…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

カナダGPはアロンソでした、次戦はアメリカGPですね

カナダGPは、アロンソが優勝しました。今年は昨年以上に強い気がします。ということで、話題を次のアメリカGPにします。 ここ数年、インディアナポリスでF1が開催されていますが、1960年代から70年いかけてアメリカGPといえば、ワトキンスグレンでした。1966年に16気筒のBRMエンジンとが唯一F1勝利を挙げたサーキットとしても有名ですね…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドイツがベスト8一番乗り

開催国のドイツがスウェーデンを2-0でくだして、ベスト8一番のりです。あっという間に2点をとって逃げ切り勝ち。 守備も開幕戦以外は破綻していないので、バラックが復帰してチームのバランスがよくなったのかもしれません。 写真は http://www2.asahi.com/wcup2006/ から さて相手は予想されていた通り、アルゼンチ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

F1・カナダGPです

今日からカナダGPです。今年はアロンソ初優勝の期待がかかりますね。今年のアロンソは今まで勝ったことのないGPを勝っています(モナコ、スペインなど)ので、ここカナダも期待大ですね。完走率の高さは驚異的ですから今年のF1はほぼアロンソで間違いないかもしれません。このまま全てのレースで2位になればシューマッハの逆転はないのですから。 さて話…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

アウディ、史上初の快挙。ルマンでディーゼルエンジン車が優勝

戦前の予想通り、今年のルマン24時間レースは、アウディR10が2位を4週引き離して優勝しました。このような結果だけ見ると楽勝のような気がしますが、2台出走したうちの1台はトラブル続出でトップからは13週遅れの3位(それでも素晴らしい成績!)となり、トップを走る車にも一歩間違えば、トラブルが発生したかもしれないことを考えると、レースはわか…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

週末は、ルマン24時間レース開催です

今週末は、フランス・ルマンで伝統の24時間レースが開催されます。今年は、アウディがディーゼルエンジン搭載車での初優勝を狙うなど、技術的にも興味のあるレースとなりました。 日本からは、JLOCが、ランボルギーニ車としては、初めてルマンに挑戦します。国内GT300レースでの優勝経験もありますから、単なる参加ではない結果を期待できます。 写…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近のF1グランプリ

どうも最近、F1見てても盛り上がりにかけるというかドラマがないというか、消化不良のレースが多いように感じます。何もアロンソが嫌いというわけではないのですが、あまりに簡単に勝ってしまうし、勝てないときでも表彰台をゲットしてしまう能力は素晴らしいと思います。 他のドライバーがだらしがないと言えばそのとおりなのですが、どうもここ数年(10年以…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本1-3オーストラリア

後半39分までのリードを守りきれずに、惨敗してしまった「ジーコ・ジャパン」。これで1次リーグ突破には、クロアチア、ブラジル戦の勝利が必須となりました。 過去幾度もの修羅場を切り抜けた、「サムライ・ニッポン」に期待しましょう。こんなシーンの連続を期待しながら。 写真は http://www2.asahi.com/wcup2006/ か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、アルゼンチンは順調、ネタはかわってアグリはドタバタ

最近、眠れない夜が続いています。不眠症になったのではなく、ワールドカップ、F1ヨーロッパラウンドと深夜の放送をハシゴしてしまうからです、でも自業自得ですね。 さて、イングランドはベッカムのFKであげた1点を守りきって勝ち点3をとりました。ちょっともの足りない結果ですが、エリクソン監督談話「2002年は引き分けスタート、1998年は負け、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ白星スタート

ドイツが点差を見れば順調なスタートをきりました。クローゼが2得点をあげるなど、攻撃陣は問題なく、両サイドからのセンターリングや、速いパス回し、ドリブルと点がとれそうなシーンを数多く演出していました。 それに比べて、守備は?です。日本との親善試合と同様にカウンターから2失点、そのほかにもオフサイドで助かったシーン(トラップをかけたのではな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

週末はイギリスGP開催です

週末は伝統のイギリスGPがあります。イギリスGPといえば、最近では1995年を思い出します。J.ハーバードが勝った年です。D。ヒルの応援できたイギリス人が持ってきたユニオンジャックがジョニーのために打ち振られたシーンが印象的です。 そういえば、J.ハーバートは、国際F3000はジョーダンチームからの参戦でした。ジョーダンがミッドランドに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more