MotoGP・日本GP初日はロッシがトップタイム

もてぎで今日から日本GP、注目のMotoGPクラスは逆転チャンピオンを狙うロッシが1:46:981のトップタイムをマークしました。 2位は前戦も予選2番手だった中野真矢、午前のセッション11番手からの巻き返しです。その後メランドリ、エドワーズ、そしてポイントリーダーのヘイデンと続きます。 明日の予選、この順位がどのように変化するか注…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2007年F1開催を断念(鈴鹿サーキット)

鈴鹿サーキットは2007年はF1世界選手権を開催しない旨のリリースを発表した。1987年以来、20年連続でF1を開催してきた鈴鹿だが、来季開催に向けての努力もむなしく、今年でいったんF1開催の歴史を閉じることとなる。 リリースによれば、鈴鹿サーキットでは富士スピードウェイでの2007年F1開催が決まって以降も、FIA、およびFOAとの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新顔、新カラー満載のシルバーストン、ウイリアムズはトヨタエンジンを初テスト

シルバーストンでF1合同テストがスタート、ルノー、マクラーレン、トヨタ、ウイリアムズ、スパイカーMF1、スーパーアグリが参加した。 ウィリアムズは、トヨタエンジン搭載マシンを持ち込み、テストを行ったが初期トラブルで6週のみの走行に終ってしまった。 トップタイムをマークしたのは、ルノーのヘイキ・コバライネンだった。コバライネンは9…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

M.メランドリがウェットレースのオーストラリアGPを制覇、GP250では青山が3位入賞

小雨するウェットコンディションの中で中野真矢がレースをリード、しかし、ウェットセッティングのマシンに乗り換えたライダーたちのペースは素晴らしいものがあり、中野も9ラップ目にピットイン。 レースは、17週目にメランドリがトップに進出して優勝、C.バーミューレンが自身発の2位となり、接戦を制したV.ロッシが2位となりました。N.へイデンは…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

遅ればせながらスーパーGT第7戦/レイブリックがもてぎを制し、タイトル争いでもトップタイに浮上

もてぎ300Km(スーパーGT第7戦)は、レイブリックNSXがポールポジションからレースをリードして、その後独走、みごと2連覇を達成しました。この結果、シリーズポイント争いにおいて、S.フィリップ選手と細川選手が合計68ポイントを獲得し、ドライバー部門の首位と同ポイントの2位に浮上し、チャンピオンが十分に狙える位置になりました。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

1967年 ルマン24時間レース

先週のスポーツ新聞で、「アウディR10 TDIが、ディーゼルスポーツカー初のALMSタイトルを獲得」という記事を目にしました。そうだ、1960年代は、F1とスポーツカーレースが人気モータースポーツの中心だったことを思い出し、今回はスポーツカーレースについて一言。 当時のモータースポーツは、F1はドライバー中心、スポーツカーレースはメー…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

シューマッハ、特別な勝利を地元イタリアであげる

シューマッハ引退会見のある(と思っていました)イタリアGPで、見事な有償をとげたミハエル・シューマッハの実力には敬服しました。先週にルノーが来年度のドライバー陣営を発表、コバライネンの昇格が決まり、ライコネンのフェラーリ入りが90%以上の確率となりました。 週末のメディアはほとんどシューマッハ引退一色の報道、金曜日に本人が異例の会見を…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

イタリアGPは、ライコネンがポールポジション

わずか、1000分の2秒差でシューマッハを抑えて、ライコネンがポールポジションを獲得しました。昨年に続く2年連続のポール獲得です。マクラーレンは昨年もモントーヤが優勝していますから、決勝でライコネンの今年初優勝が期待できます。 アロンソは予選5番手で終了しましたが、そのあとマッサの進路妨害をしたとの裁定で予選ポジションは10番手ま…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

イタリアGP金曜フリー走行/ヴェッテルがトップタイム!

トルコGPに続いて、またまたBMWのヴェッテルがトップタイムをマークしました。シューマッハ、マッサのフェラーリが2,3位と占め、ライバルのルノー陣営は、アロンソの8位が最高で、フィジケラは15位という結果でした。 07年仕様のエンジンを持ち込んだホンダはデビットソンのみが走行して19位、バトン、バリチェロはサードカーのエンジントラ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ルノーF1チームの来季体制が決まりました

2007年シーズンのルノーF1チームの体制が発表されました。注目のドライバー体制は、ジャンカルロ・フィジケラと現在のテストドライバーであるへイッキ・コヴァライネンの体制で来季のシーズン参戦することが発表されました。 また、テストドライバーですが、トヨタからリカルド・ゾンタが移籍しているほか、ネルソン・ピケJrが新たに加わり2人体制…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ローブ 新記録樹立

ローブは日本でも新たな歴史をつくりました。ラリージャパンでの彼の優勝は、WRC史上最多の27勝目。カルロス・サインツを抜いて単独トップに立ったことになります。フィニッシュ後に、彼がWRC史上最高のドライバーなのかと質問されたローブは、彼より前にサインツを含む素晴らしいドライバーが何人もいたことを認めましたが、目標は5度のチャンピオンとの…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

モンツァではF1合同テストが行われ、マッサが連日トップタイム

来週、イタリアGPが行われるイタリア・モンツァでは、F1合同テストが3日間行われ、2,3日目はマッサがトップタイムをマークしました。トルコGP初優勝の余勢をかって絶好調のようです。 3日目はアロンソ、シューマッハ、ロズベルグとラップタイムが1秒以内に続き、本番に向けて各マシンの仕上がりは順調のようです。 スーパーアグリも3日間、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2007年F1スケジュールも公表され、来週はいよいよイタリアGP開催

2007年F1暫定スケジュールも発表され、予想通り鈴鹿での開催はなし、またサンマリノGP、ヨーロッパGPもなくなりました(1カ国1開催の原則に従ったそうです)。そのかわりと言ってはおかしいですが、ベルギーGPが復活しました。 スケジュールはこちら      ↓  http://news2.as-web.jp/contents/ne…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

トルコGP/ホンダはダブルポイントフィニッシュ

ハンガリーGP初優勝の勢いをかり、トルコGPでの走りが期待されたホンダ&バトンですが、結果は2強に及ばず4位にとどまりました。ただレース後の談話によれば、スタート時点での燃料がルノーよりたくさん搭載していたこと、セーフティカーが入ったことにより、ピットインのタイミングがずれてしまったことなど、当初想定したチーム戦略の修正を余儀なくされた…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

マッサがうれしい初優勝/F1・トルコGP

F1・トルコGPは、ポールからスタートしたマッサがそのまま独走、うれしい初勝利を飾りました。 残念だったのは、シューマッハ。予選からフェラーリはルノーより調子がよく悪くても2位はかたいと思われていましたが、13周目にリウッツィが1コーナーでスピンし、コース上にストップ。これによりセーフティーカーが導入され、各マシンがピットへ。その…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

カルソニック・インパルZが、鈴鹿1000Kmを制覇、一樹GT500初優勝

スーパーGT第6戦・インターナショナルポッカ1000kmは、長丁場の173周のレースを終え、カルソニック インパルZが3位以下に1周の差をつけ優勝しました。Z勢にとっては今季初優勝。昨年のセパン戦で「XANAVI NISMO Z」が優勝して以来、14ヶ月ぶりの勝利となりました。 チームインパルの星野一義監督は、完全勝利を讃える歓声に涙…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

W.ガードナーと鈴鹿8時間耐久レース

先月末に、鈴鹿では恒例の8時間耐久レースが開催され、伊藤/辻村ペアが優勝しました。私の鈴鹿8時間耐久というと、1985年が思い出されます。 K.ロバーツが参戦したレースとして有名です。この頃のW.ガートナーと言えば、モリワキ門下生として、モリワキモンスターを駆って、驚異的なタイムでポールポジションを取ったこと、この年はGP500にホンダ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホンダ39年ぶりのF1勝利

遅くなりましたが、ハンガリーGPでJ.バトン駆るホンダF1が優勝しました。オールホンダにとっては39年ぶりのF1勝利です。 レースは、ウェットコンディションでスタートし、レース途中で雨が降り出し、また晴天になりと天候に左右され、近年ではたいへん見ていておもしろいレースでした。こういうレースが本当のF1なのではないでしょうか。 ウェット…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

1997年ハンガリーGP

日曜日は、シューマッハ圧勝でドイツGPが終了しました。さて今週は、ハンガリーGP開幕です。真夏のF1連戦です。ハンガリーGPといえば、1997年が思い出されます。 前年のワールドチャンピオンのD.ヒルのベストレースではないかと私は考えます。この年ヒルは、非力なアローズに移籍し開幕からポイント圏内を走ることはほとんどありませんでした。アロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェラーリが圧倒的な速さでワンツーフィニッシュ! 

ドイツGPは、とにかくフェラーりの強さが目立った結果となりました。シューマッハが速いのは理解できますが、マッサの速さも際立っていましたから(マッサも十分速いドライバーですが)、フェラーリのパッケージ(BSとの相性も含めて)の優秀さが証明されたのだと思います。 また、久しぶりにライコネンが彼らしさをだしたレースだったともいえます。ルノーは…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more