ライコネンの執念が勝り、中国GPを制する

やはりチャンピオンの重圧はあるのか、脅威の新人はミルトンもその洗礼を受けてしまったようです。トップを快走していたハミルトンですが、タイアが磨り減りライコネンにその座を奪われてのピットインに悪魔は潜んでいました。焦ることはない状態でしたがピットへの進入スピードが速くグラベルへ飛び出してしまいリタイア、ノーポイントに終わりました。
最終ブラジルGPでも何が起こるかわからなくなりました。チャンピオン争い興味津々です。
画像
画像
画像

決勝
1 K・ライコネン フェラーリ 1:37:58.395
2 F・アロンソ マクラーレン + 9.800
3 F・マッサ フェラーリ + 45.800
4 S・ヴェッテル トロロッソ + 53.500
5 J・バトン ホンダ + 1:08.600
6 V・リウッツィ トロロッソ + 1:13.600
7 N・ハイドフェルド BMW + 1:14.200
8 D・クルサード レッドブル + 1:20.700
9 H・コヴァライネン ルノー + 1:21.100
10 M・ウェーバー レッドブル + 1:24.600
11 G・フィジケラ ルノー + 1:26.600
12 A・ブルツ ウィリアムズ + 1 laps
13 J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
14 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 1 laps
15 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
16 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 2 laps
17 山本 左近 スパイカー + 3 laps
Did not finish
18 R・クビサ BMW + 23 laps
19 L・ハミルトン マクラーレン + 26 laps
20 R・シューマッハ トヨタ + 31 laps
21 A・スーティル スパイカー + 32 laps
22 A・デビッドソン スーパー アグリ + 45 laps

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から

"ライコネンの執念が勝り、中国GPを制する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント