ラリー・ニュージーランドは激戦を制したグロンホルムが優勝

WRC第11戦、ラリー・ニュージーランドは、年間順位で首位のマルクス・グロンホルムが合計3時間52分53秒9で勝ち、今季5勝目(通算30勝目)を挙げました。ラリーは最終ステージまで1秒を争う戦い、最終のSSでローブがトップタイムをマークしましたが惜しくも及ばずグロンホルムの優勝が決定しました。
画像
画像

また併催のPWRC第5戦で、新井敏弘が逆転で今季2勝目、ドライバーズ得点も2位のM・ヒキンズに24点差の39点に伸ばして、2年ぶりシリーズチャンピオン奪還に王手をかけました。

■総合成績
1位:マーカス・グロンホル/フォード・フォーカス - 3時間52分53秒9
2位:セバスチャン・ローブ/シトロエンC4( - 3時間52分54秒2
3位:ミッコ・ヒルボネン/フォード・フォーカス - 3時間54分36秒7
4位:クリス・アトキンソン/スバル・インプレッサ - 3時間55分26秒2
5位:ヤリマティ・ラトバラ/フォード・フォーカス - 3時間55分30秒8

写真は http://motorsport.com/photos/ から

"ラリー・ニュージーランドは激戦を制したグロンホルムが優勝" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント