ヨーロッパGP、波乱の予選でライコネンがポール獲得!

ヨーロッパGP予選がニュルブルクリンクで行われました。まず、Q1で姿を消したのは、ジェンソン・バトン、スコット・スピード、ビタントニオ・リウッツィ、デビッド・クルサード、エイドリアン・スーティル、マルクス・ビンケルホック。琢磨とデビットソンのスーパーアグリはヨーロッパラウンド初めてQ2に進出です。Q3に入りラスト5分になったとき、ハミルトンがタイヤバリアに激突する大事故! 本人は無事でしたがヒヤッとする出来事でした。
ポールポジションを獲得したのは、フェラーリのキミ・ライコネンでタイムは1分31秒450、2番手にフェルナンド・アロンソ、3番手はフェリペ・マッサと、赤vs銀対決の様相は変わっていません。
画像
画像


写真は http://motorsport.com/photos/ から

"ヨーロッパGP、波乱の予選でライコネンがポール獲得!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント