カナダGP決勝、ハミルトンが初優勝を飾る

ポールポジションからスタートしたマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンは、1時間44分11秒292をマークしてポール・トゥ・ウィンでキャリア初優勝を飾った。
デビュー以来5戦連続で表彰台入りを果たしているハミルトンは、クラッシュが頻発して4度セーフティーカーが導入された影響で各選手が混乱に陥り、ペナルティや失格処分を受ける選手が続出するなど、完走が僅か12台という波乱のレースを22歳のルーキーとは思えない落ち着きと集中力で制し、デビュー6戦目にして史上4番目の若さで初優勝を果たした。
レース後のインタビューでハミルトンは「新たな歴史を作ることができ、自分と家族にとってファンタスティックな一日となった。初のカナダGPでキャリア初優勝を飾ることができ最高の気分だ。近いうちに初勝利を挙げることができると予感していたいたので、いつどこでその時がやってくるかが問題だった。チームは最高のマシンを用意してくれている。レース中に何一つ問題はなかった。何度かセーフティーカーが導入されたが、レースに多少の物足りなさを感じたというだけのことで、再開すればすぐにテンションを取り戻すことができた。初のポールポジションを獲得した昨日は天にも昇るような気持ちだったが、今日の喜びは異次元のものだ」と語り、優勝の喜びを口にしている。
画像
画像
画像
画像

1位 L.ハミルトン(マクラーレン)
2位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 A.ブルツ(ウイリアムズ)
4位 H.コバライネン(ルノー)
5位 K.ライコネン(フェラーリ)
6位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
7位 F.アロンソ(マクラーレン)
8位 R.シューマッハー(トヨタ)
9位 M.ウェーバー(レッドブル)
10位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
11位 A.デイビッドソン(スーパーアグリ)
12位 R.バリチェロ(ホンダ)
R J.トゥルーリ(トヨタ)
R V.リウッツィ(トロロッソ)
R F.マッサ(フェラーリ)
R G.フィジケラ(ルノー)
R C.アルバース(スパイカー)
R D.クルサード(レッドブル)
R R.クビサ(BMWザウバー)
R A.スーティル(スパイカー)
R S.スピード(トロロッソ)
R J.バトン(ホンダ)

写真は http://motorsport.com/photos/ から

"カナダGP決勝、ハミルトンが初優勝を飾る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント