ラリー・アクロポリスはグロンホルムがイタリアに続き連勝

世界ラリー選手権・第8戦アクロポリス・ラリーが行われ、総合首位からスタートしたフォード・フォーカスのマーカス・グロンホルムが、合計タイム3時間49分22秒6を記録して優勝を果たし、今季3勝目を挙げました。
画像

総合の3位にはペター・ソルベルグが入り、今期初の表彰台です。久々に表彰台に上ったソルベルグ「まだまだマシンは完ぺきとはいえないが、正しい方向に向かっていることは間違いない。これから2カ月間の休みの間にマシンをさらに改良して後半戦は優勝争いをしたい」と、笑顔で述べています。これからの逆襲に期待しましょう。
画像


1位:マーカス・グロンホルム/フォード・フォーカス - 3時間49分22秒6
2位:セバスチャン・ローブ(Sebastien Loeb、フランス)/シトロエンC4(Citroen C4) - 3時間50分01秒2
3位:ペター・ソルベルグ(Petter Solberg、ノルウェー)/スバル・インプレッサ(Subaru Impreza) - 3時間50分56秒7
4位:ミッコ・ヒルボネン(Mikko Hirvonen、フィンランド)/フォード・フォーカス - 3時間52分03秒9
5位:へニング・ソルベルグ(Henning Solberg、ノルウェー)/フォード・フォーカス - 3時間54分15秒3


写真は http://motorsport.com/photos/ から

"ラリー・アクロポリスはグロンホルムがイタリアに続き連勝" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント