ホンダのカラーリングが発表されました

いろいろな噂が飛び交っていましたが、噂どおりのカラーリングで発表されました。Honda Racing F1 Team公式サイトには次のようにカラーリングについての記載があります。
このコンセプトには、「チームと、それをサポートしてくださる人々が一体となり、環境問題の解決のために取り組んでいこう」という力強いメッセージが込められている。
新しいコンセプトの概要は以下の通り。
<新しいマシンカラーリングの採用>
・マシンへのスポンサーロゴの露出を廃止※し、環境問題に直面する地球をイメージしたカラーリングとした。
<イメージのライセンス化>
・パートナー企業に対し、マシン及びロゴの使用をライセンス化することで、マーケティングツールとしての活用を可能とした。
<協賛金の寄付>
・協賛金(スポンサーフィーやライセンスフィー)の一部を、環境保護団体などへ寄付を行う。

画像

今思えば、ホンダの第一期のカラーリングは、ナショナルカラー(当時のF1は、国別の色(イギリスは緑、イタリアは赤、フランスは青、ドイツは銀、そして日本は白)が決まっており、ホンダは白に日の丸をあしらったカラーリングでした。当時のホンダはまだ自動車メーカーというよりバイクメーカーの色彩が強く、また自動車レースはヨーロッパ主体で動いていた時代でしたから、例えは悪いですが、特攻精神で殴りこみをかけるにあたり、日の丸を意識したのではと考えます。
画像

そして現在は、地球規模で環境問題に取り組まなければいけない時代だと思います。ホンダイズムからいけば、自ら率先して自分たちができるメッセージをF1マシンを通して、具現化したのではないかと思います。
このように考えるとこのカラーリング、かっこいいと思います。賛否はあると思いますが、スポンサーロゴのないマシン、いいじゃないですか、他のチーム、F1を取り巻くスポンサー企業もこの姿勢を見習ってくれると、走る広告塔ではない、新しいF1がはじまる気がします。

写真は http://www.hondaracingf1.com/jp/index.php?section=8&item=1791&type=1 から

"ホンダのカラーリングが発表されました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント