ウィリアムズFW29発表

AT&T・ウィリアムズがトップチームの最後に2007年シーズンに向けて新車のFW29をチームの本拠地のあるオックスフォードで発表しました。チームの新しいレースカーの発表と、新たなタイトルスポンサーとなったAT&Tのカラーリングに加えて、チームは世界的なパソコンメーカーであるレノヴォとスポンサー契約を交したことも明らかにしています。
画像

画像

今回の発表を受けて、チーム代表のフランク・ウィリアムズは次のように語っています。
「確かに2006年が素晴らしい年だったとは言えないが、ウィリアムズのメンバー全員が冬の間ずっと、一致団結して一層の努力に励んだことは素晴らしいことだ。大事なのは、逆境の中でいかにパフォーマンスを発揮するかだ。我々は、新たにスポンサーとなったAT&Tによる全く新しいブランドアイデンティティーや、レノヴォを含んだ4つのスポンサー、才能豊かなエンジニア、そして、我々の努力と希望が集約されたFW29とともに今シーズンをスタートすることになったのである」
またテクニカルディレクターのサム・マイケルは次のように語っています。
「FW29は、ゼロキール形態を持ったFW28のデザイン理念を踏襲している。他に注目すべきデザイン要素は、サイドポッド全面(冷却のための排熱孔上部)を絞り込み、2006年に起きた信頼性の問題に対処するためにエンジンとエキゾーストのパッケージを改良し、空力効果を向上させるためにトップデッキをより低く狭くした。その他に顕著なFW28との相違点は、シーズン序盤の3戦での冷却目的に排気孔を明らかに大きくしたことと、エンジンカバーを狭くしたことだ。クルマ後部は、2本の支柱構造がリアウイングの動作をより軽く低くし、たわみを防止するためにFIAが義務づけた隔離板と、レギュレーションにより定められた低く幅広い後部の衝撃吸収構造が特徴的である」

写真は http://www.f1racing.net/ja/ から

"ウィリアムズFW29発表" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント