モンテカルロラリー終了

WRCモンテカルロラリーが終了しました。予想通りというか、シトロエンのローブ、ソルドがワンツゥーフィニッシュ、グロンホルムが3位入賞とここまでは、最終日を待たずに確定していたと思います。最終日の最終SSはアトキンソンがヒルボネンを逆転できるかの1点が注目点でしたが、スバルファンの期待にこたえて見事に逆転4位に入賞してくれました。
エースのソルベルグより上位入賞ということはたいへん評価できると思いますし、アトキンソンがソルベルグに負けない実力を持っていることが証明されたことは、今シーズンのスバルチームにとってはいろいろな戦術がたてられることを意味しており、インプレッサの07年仕様の登場とともに、スバルの逆襲が始まる予感を感じさせてくれる初戦のモンテカルロでした。以下は2人のドライバーの談話です。
画像

■ペター・ソルベルグ
「とても楽しかった。ステージはとても感動的で僕がドライビングで楽しんだのと同じくらい観客も観戦を楽しんでもらえたと心から願うよ!こうしたステージは、とにかく演出を盛り上げるためのものなので、今後も他のイベントでこうしたパフォーマンスを見せることができればいいと思う」
■クリス・アトキンソン
「このステージでミッコから4位の座を取り戻したことは僕たちにとってこの上ない成果。舗装でこのような争いを演じたことは、チームにとっても励みになること。あれほどの大観衆の前で、こうした状況の中でそれを実現できたことは、最高。とにかく速く走ろうと努力して、豪快よりも丁寧な走りを心がけた。これまで僕たちが走ってきた中でもベストラリーの一つだと思う。舗装でステップアップを果たした気分だし、チームもとてもいい働きをしてくれた。次はスウェーデン。ここでももっとポイントを獲得していくことを目指す」

ローブ選手、おめでとうございます
画像


写真は http://www.rally-live.com/wrc/en/index.shtml から

"モンテカルロラリー終了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント