元F1ドライバー、クレイ・レガッツォーニが死去

フェラーリやウイリアムズで活躍、F1通算5勝を挙げたスイス人ドライバー、クレイ・レガッツォーニが15日、イタリア国内で交通事故に遭い亡くなったそうです(享年67歳)。
1970年にフェラーリから、30歳イを超えてF1デビューを果たしたレガッツォーニは72年までフェラーリに在籍、73年にはBRMをドライブし、翌74年にはフェラーリに復帰し、エースのニキ・ラウダを盛り上げてランキング2位を獲得しています。その後はシャドウ、エンサイン、ウィリアムズなどのチームで活躍し、ロングビーチでブレーキトラブルによりクラッシュ。以降車椅子での生活となったが、ホンダのCMでステアリング上のボタンでドライブを行うなど、元気な姿を見せていました。
画像

1970年と言えば、この年にF1デビューしたドライバーには後のF1を支えていくエースが多数います。
E.フィッテイパルディ、R.ペテルソン、F.セヴェールなどなど。その中で、レガッツォーニはいぶし銀のようなドライバーでした。ご冥福をお祈り申し上げます。

写真は http://f1-facts.com/ から

"元F1ドライバー、クレイ・レガッツォーニが死去" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント