シューマッハ、特別な勝利を地元イタリアであげる

シューマッハ引退会見のある(と思っていました)イタリアGPで、見事な有償をとげたミハエル・シューマッハの実力には敬服しました。先週にルノーが来年度のドライバー陣営を発表、コバライネンの昇格が決まり、ライコネンのフェラーリ入りが90%以上の確率となりました。
週末のメディアはほとんどシューマッハ引退一色の報道、金曜日に本人が異例の会見をするなど、レースではないところでの雑音が多かったシューマッハですが、さすが7度のワールドチャンピオン、しめるところはしっかりと10ポイントを獲得し、8度目のチャンピオンを射程圏にとらえました。
画像

惜しかったのはアロンソ、3位は確実な走りを見せていましたが、あと10周というところでエンジンブローでリタイア、連続チャンピオンに赤信号が点灯してしまいました。このイタリアGPは全てがフェラーリ+シューマッハ中心に動いていたような気がします。
ミハエル・シューマッハ
ファンの前での素晴らしい勝利だったね。ジャンと一緒にポディウムにいるときは、とても表現できない気持ちになるんだ。あの上からはファンの海が見えて、彼らがフェラーリを愛しているのを感じることができるんだ。凄いことだよ!もしあそこで自分の決断について話さなければならなかったとしたら、言葉が出てこなかっただろうね。レースは難しくはなかった。キミが僕より前にピットに入ってほしいと思っていて、実際に彼はそうした。すべてが計画通りで、特に心配はなかった。ファイナルラップは本当に感動的だったね。チェッカーフラッグの後は、チームラジオでチームの仲間全員に自分がこれから発表することを伝えた。このときは自分の感情をコントロールするのが難しかったよ。この勝利は、両チャンピオンシップにとって非常に重要なものだ。我々はコンストラクター争いでトップに立ち、ドライバー争いもライバルのパフォーマンス次第ではなくなったんだ。

画像


写真は http://www.f1racing.net/ja/index.php から

"シューマッハ、特別な勝利を地元イタリアであげる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント