ホンダ39年ぶりのF1勝利

遅くなりましたが、ハンガリーGPでJ.バトン駆るホンダF1が優勝しました。オールホンダにとっては39年ぶりのF1勝利です。
レースは、ウェットコンディションでスタートし、レース途中で雨が降り出し、また晴天になりと天候に左右され、近年ではたいへん見ていておもしろいレースでした。こういうレースが本当のF1なのではないでしょうか。
画像

ウェットコンディションはマシン差が縮小され、ドライバーの手腕が発揮されると言われています。また天気がレース中に変わることで、そのチームの戦略の高さがわかります。F1のよさが全てでたレースではないでしょうか。その中で、やさしいドライビングをするバトンが勝利を収めたことは価値があると思います。
画像

しかし、ドライでのフェラーリ、ルノーとの差はまだかなりあると思いますので、今後のマシン熟成がホンダの課題ですね。
トルコGPが楽しみとなりました。スーパーアグリもフロントセクションが新しくなったマシン投入が予定されていますので、こちらも期待できますね。

写真は http://www.f1racing.net/ja/index.php から

"ホンダ39年ぶりのF1勝利" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント