Mexico City 1965

こんなタイトルではじめてみました。ホンダF1初優勝の1965年のメキシコGPです。知っている方も多いですが、この年は排気量が1,500ccまでのエンジンで行われる最後の年、そしてこのメキシコGPが最終戦ということで、ホンダRA272にとってはラストレースでした(他のマシンも同じですが)。リアビューのRA272って珍しいですね。
画像

ホンダは参戦2年目で、ここまで6位入賞が2回という成績、パッとしていないですよね、そしてこのメキシコGPです。レースはD.ガーニーのブラバムとのトップ争いを制して、予選3番手からスタートしたR.ギンサーのホンダが優勝しました。また4位にもR.バックナムのホンダが入り、うれしいダブル入賞です。そして、フェラーリ、BRMでF1レースに参戦していたR.ギンサーにとってもキャリア初優勝でした。
画像

今から40年以上も前の出来事でした。最近はメキシコGPが開催されないのでちょっとさびしいですね。

写真は http://f1-facts.com/ から

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月08日 21:42
なつかしいですね。ホンダがF1を始めて期待をしていたんですがあまりよい成績をおさめることができずにF1の壁の厚さかと思っていたので本当に驚きました。中村良夫さんは戦時中航空機エンジンの開発をしていたので高地におけるチューニングは得意だったという話もありましたね。
2006年11月09日 23:36
中村良夫さんは、中島飛行機でゼロ戦の設計をしていた方だと記憶しています。
確かに高地におけるチューニングにはたけていたかもしれませんね。
ナカさんという愛称だったと思いますし、サーティーズとのコンビのホンダ時代もなつかしいですね。

この記事へのトラックバック

  • 世界に羽ばたけ「ホンダジェット」

    Excerpt: もう後数十年もしたら、空の「渋滞情報です」なんて流れているかもな。値段高いですが、戦争に使う戦闘機作ることを考えると、いろんな意味で「ホンダジェット」安いなぁ。 Weblog: お金ちゃんねる-喜怒哀楽のマネー racked: 2006-11-26 15:42