モンツァではF1合同テストが行われ、マッサが連日トップタイム

来週、イタリアGPが行われるイタリア・モンツァでは、F1合同テストが3日間行われ、2,3日目はマッサがトップタイムをマークしました。トルコGP初優勝の余勢をかって絶好調のようです。
3日目はアロンソ、シューマッハ、ロズベルグとラップタイムが1秒以内に続き、本番に向けて各マシンの仕上がりは順調のようです。
画像

スーパーアグリも3日間、テストに参加しましたがトラブルが多く、所定のテストプログラムを全て終了することはできなかったようです。ただ、佐藤琢磨の談話を読む限りは悲観的ではありませんのでイタリアGPに若干期待が持てます。日本GPまであと1ヶ月、残された時間は限られていますからイタリアGPでは2台完走を目指して実践でのデータ収集を第一の目的として頑張って欲しいと思います。結果は、日本GPでだせばいいのですから。
画像

佐藤琢磨
「チームにとってはポジティブでとてもチャレンジンなテストだった。今回は特にイタリアGPに焦点を絞ったテストだったが、SA06を複数日テストするのは初めてだったこともあり、無事終えることができてよかった。このテストは来週末のレースにとってはとても重要だ。チームの順位が大きく入れ替わるようなことはなかったが、マシンやタイヤ、そしてコントロールシステムに関する重要なデータを得ることができた。午前中はいくつかトラブルが発生したので、走行のスタートが遅れることになった。午後はギヤボックスに問題が生じ、予定していたプログラムを完了することができなかったが、来週のレースに必要なデータを集めることはできた。部品の数も限られていたし、メカニックやエンジニアたちは2日間交代で夜通し働かなければならなかったが、本当によく頑張ってくれた。今回はチームの全員にとって肉体的に厳しいテストだったと思う」


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月05日 18:55
スーパーアグリのイタリアGPは果たしてどうなるか、期待と不安が半分ずつですね。
さて、相変わらずのあわて者さんですね。
ネームカードのコピー&貼り付けは気をつけてください、他人に私と間違えられますから。

この記事へのトラックバック