「グランプリ」という映画

1967年だったと思います。今はもうありませんが、テアトル東京(銀座1丁目にありました)という映画館でこの映画を見ました。F1グランプリを題材とした映画で、なんと三船敏郎がでています(たしか、ヤムラという日本の自動車メーカーの総帥:本田宗一郎さんがモデルですね)。彼が率いるヤムラとフェラーリ、BRMの3メーカーによるチャンピオン争いと男女の恋の物語(こちらはまだ中学生だったのでよくわからず≪笑≫)だったと記憶しています。
1966年のF1を1年近く取材というか、なんとF1に映画の撮影用のマシンが一緒に走ったようで、当時の「カーグラ」には、その写真が掲載されています。
最後は、J.カーナーが演じる、ヤムラに乗る主人公が、イタリアGP(何故か、映画ではバンクを利用した10kmコースでした)でチャンピオンを決め、イブ.モンタン役のフェラーリF1チームのエースが事故を起こすという結末だったと記憶しています。
結構、F1などテレビで放送されない時代でしたから、映画で迫力があるのは当然ですが、圧倒された記憶が残っています。
とこのようなことを書いて、ネットでしらべてみたらこんなページがありました。映画好きの方にもオタクはいるのですね。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6413

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Racing Retro
2006年08月28日 14:40
私は名古屋の映画館で見ました。見とれてしまいました。その後見直すとF3を使った映画版と実写が分かってしまうのはご愛敬です。海外のニュースでは今年DVDが発売されるということです。
サジタリアス
2006年08月28日 14:40
私も随分たってから、TVで放映されたときに気づきました。実写とのギャップが大きかったなと感じました。でも劇場で見たときは興奮しました。
ルーシー
2006年08月28日 14:40
はじめまして、私も三船敏郎さんに興味を持つひとりです。
 あれほど国際的にも有名な俳優さんは日本でも数少ないですね。
そんな三船さんは、大スターであっても機材運びを手伝ったり、気さくな方だったようです。
 私も三船さんの記事をブログで書いてみました、よかったら遊びにいらして下さいね~、ではまた!

http://lucy-diary.cocolog-nifty.com

この記事へのトラックバック