アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「モータースポーツ」のブログ記事

みんなの「モータースポーツ」ブログ

タイトル 日 時
アトキンソン表彰台、ローブはモンテ5勝目
アトキンソン表彰台、ローブはモンテ5勝目 ローブの強さのみが目立ったモンテカルロラリーでした。初日からトップにたち一度もその座を譲らなかったローブ、この結果を見る限り、今年のWRCはローブを中心に展開していくと見て間違いないような気がします。 今年はやってくれるのではないかと密かに期待していたスバルですが、ライバルチームのトラブルに助けられた感はありますがアトキンソンが見事に3位に食い込みWRC初戦からのボディウムは、チームの士気を高めるうえで最良の結果ではなかったと思います。 またWRC初戦のスズキも8、11位と2台そろって完走し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

2008/01/28 19:50
BMW、レッドブルが新車発表
BMW、レッドブルが新車発表 今週は2強を脅かしそうな勢いのある2チームがニューマシンを発表しました。どちらのマシンも2007年型からの脱皮を図った斬新な仕上がりのようです。 いずれのチームもシェイクダウンテストは無事終了しましたので、今後のテスト結果が気になるマシンといえそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/01/19 17:00
まとめて紹介、フェラーリ、マクラーレンそしてトヨタ
まとめて紹介、フェラーリ、マクラーレンそしてトヨタ 先週に発表されたF1ニューマシンです。すでにフェラーリとマクラーレンはシェイクダウンテストも終了して満足のいく結果を得たと報道されていますから今年もこおn2強の争いになるのかもしれません。トヨタはTF107からかなり変更されているようです。シェイクダウンテスト以降の結果が気になります。 発表会は各チームユニークで、フェラーリはステアリングを公開しましたし、トヨタはネットでライブ中継、ファンとしてはうれしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 1

2008/01/13 08:52
謹賀新年
謹賀新年 今年も皆様よろしくお願いします。 年末にラルフが1年休養というニュースが入ってきましたが、今年のF1は中嶋一貴が新たに参戦、佐藤琢磨と2人のドライバーが揃う日本人にとってはたまらない展開です。 WRCはスズキも本格参戦、スバルもここ数年の低迷から脱さないと大変! WGPは青山博一、小山知良のKTMコンビが大暴れしそうな予感! 今年もモータースポーツは話題満載です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 4

2008/01/01 08:46
ローブ最終戦で3位、合計116得点で4連覇達成
ローブ最終戦で3位、合計116得点で4連覇達成 タイトル戦が最終戦まで持ち込まれたWRC、その最終戦が英国ウェールズで行なわれました。ラリーグレートブリテンの第1レグはフォードのヒルボネンがリードを奪い、これにグロンホルム、ローブとチャンピオンを争うふたりが続く展開となりましたる。第2レグに入ってもヒルボネンが速く、首位をキープ。タイトル争いでグロンホルムを6点リードするローブはもはや無理をする必要もなく、グロンホルムだけをマークする安全走行。そして第3レグ、前日までに30秒以上のリードを築いたヒルボネンがトップでゴールして今季3勝目をマーク... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/12/04 16:14
ラリーアイルランドはローブが優勝
ラリーアイルランドはローブが優勝 WRC第15戦のラリーアイルランドはシトロエンC4のセバスチャン・ローブが合計タイム3時間01分39秒2を記録してシーズン8勝目を挙げました。この結果により最終第16戦を前にローブはドライバーズランキングで首位に立ち、4年連続の年間王者に向けて王手をかけました。 ドライバーズランキングでトップだったマーカス・グロンホルムはレグ1でリタイアしてノーポイントに終わり、ローブに逆転を許してしまいました。今年限りでの引退を表明しているグロンホルムにとっては、ラリー・ジャパンにつぐ2戦連続のノーポイント... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/11/19 22:04
バレンシアGPは地元ペドロサがうれしい優勝
バレンシアGPは地元ペドロサがうれしい優勝 地元のダニ・ペドロサが今シーズン2勝目を飾り詰めかけた大観衆の期待に応えました。2位はケイシー・ストーナー、3位はジョン・ホプキンス。予選でのクラッシュで手を骨折したヴァレンティーノ・ロッシは、レースに出場したもののリタイアに終わり、チャンピオンシップはペドロサがロッシを逆転して2位を獲得しました。このレースがMotoGPP最後のレースとなったチェカは12位でフィニッシュし、ピットでシャンパンを浴びてラストレースを祝福されたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/11/06 18:40
スバルファンには残念だったラリージャパン
スバルファンには残念だったラリージャパン ラリージャパンが終了して数日が経過しました。スバルを応援していた身としては、かなり残念な結果になってしまい、ブログ更新が遅れてしまいました。 レグ1でソルベルグがリタイアした段階で、今年のラリージャパンは終わってしまいましたが、レグ2の頑張りを見ていると、そしてグロンホルム、ローブのリタイアという現実に接すると、レグ1をうまく乗り切っていればというタラレバを考えてしまいます。 次はラリーGB、ここでの巻き返しに期待したいですが、果たしてどうなるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/11/02 12:27
2008年のF1カレンダーが正式発表
2008年のF1カレンダーが正式発表 接近した上位争いが繰り広げられ、エキサイティングなシーズンになった今年のF1,シーズンも幕を閉じ、世界モータースポーツ評議会の会合が行われ、来年のF1世界選手権の正式なカレンダーが発表されました。 カレンダーによれば、開幕戦は3月に行われ、最終戦は11月。またレースは全18戦で争われることになり、今年と比べると1戦増加することになりました。 アメリカGPが消滅し、北米ラウンドとして開催されるのはカナダGPただ1戦のみとなりますが、アジア地区はシンガポールGPが開催され1戦追加となります。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/26 10:00
ライコネンが奇跡の逆転王者、中嶋は10位完走
ライコネンが奇跡の逆転王者、中嶋は10位完走 ブラジルGPは、サンパウロのアウトドロモ・ジョゼカルロス・パセで決勝を行い、年間3位だったフェラーリのキミ・ライコネンが1時間28分15秒270で勝ち、110点として逆転で初の年間王者の座に就きました。ライコネンは2連勝で今季6勝目、通算15勝目でのうれしい戴冠です。 107点で年間トップだったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンは序盤の失速が響いて7位に終わり、109点の2位。史上初の新人での年間優勝を逃しました。 ウィリアムズ・トヨタからデビューした中嶋一貴は10位(デビュー戦と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 31 / コメント 4

2007/10/22 16:17
マレーシアGP決勝 ストーナーが今シーズン10勝目を飾る
マレーシアGP決勝 ストーナーが今シーズン10勝目を飾る セパンで行われたマレーシアGP決勝は、2番グリッドからスタートしたケイシー・ストーナーがスタートでダニ・ペドロサを交わしてからトップを独走し、今シーズン10勝目を飾った。2位はマルコ・メランドリ、3位はペドロサとなった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/10/22 16:15
ラリー・フランス/ツール・ド・コルスはローブが連勝
ラリー・フランス/ツール・ド・コルスはローブが連勝 WRC第13戦ラリー・フランス/ツール・ド・コルスが行われ、トロエンのセバスチャン・ローブがトップでフィニッシュして今季7勝目をマークしました。 最初のSSでは、グロンホルムにリードされたローブでしたが、得意のコルシカ、初日の午後からはトップをキープしてグロンホルムとの差を徐々にひらいて終わってみれば完勝でした。 ラリージャパンに向けて、好成績を期待したスバルでしたが、ソルベルグの5位が最高でアトキンソンは6位、ポンスは8位に終わっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/10/15 12:37
オーストラリアGP決勝 ストーナー独走で今期9勝目
オーストラリアGP決勝 ストーナー独走で今期9勝目 オーストラリアGP決勝は、ワールドチャンピオンとして母国に凱旋したケイシー・ストーナーが独走を計り、今シーズン9勝目を飾りました。1ー2フィニッシュを達成したドゥカティは、今シーズンのコンストラクターズタイトルを獲得しました。これでドライバーとのダブルタイトル獲得です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/10/15 12:36
ラリー・スペインはローブが優勝
ラリー・スペインはローブが優勝 WRC第12戦ラリー・スペインが行われ、セバスチャン・ローブが優勝しました。2位にもソルドが入りシトロエンはワン・ツゥーフィニッシュです。これでグロンホルム・フォードとのポイント差を詰めて逆転チャンピオンに向けて絶好の再スタートをきっています。 スバルはトップ10に3台入りましたが、表彰台には届かない順位と速さ、コルシカ以降のラリーでの巻き返しに期待しましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/10/08 09:16
ライコネンの執念が勝り、中国GPを制する
ライコネンの執念が勝り、中国GPを制する やはりチャンピオンの重圧はあるのか、脅威の新人はミルトンもその洗礼を受けてしまったようです。トップを快走していたハミルトンですが、タイアが磨り減りライコネンにその座を奪われてのピットインに悪魔は潜んでいました。焦ることはない状態でしたがピットへの進入スピードが速くグラベルへ飛び出してしまいリタイア、ノーポイントに終わりました。 最終ブラジルGPでも何が起こるかわからなくなりました。チャンピオン争い興味津々です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 2

2007/10/08 09:14
明暗分かれたマクラーレンの2人、ライコネンの執念を見た日本GP
明暗分かれたマクラーレンの2人、ライコネンの執念を見た日本GP ハミルトンの優勝で終わった日本GPですが、見所満載のスリリングなレースでした。セーフティカー先導によるスタートでこの先どうなるかと思いましたが、ピットストップ作戦の妙味が見られましたし、また雨により随所でバトルが見られました。 。 すべてが順調だったハミルトンに比べて、アロンソはピットタイミングが速かったのが失敗の始まりだったと思います。1ストップ作戦のため、ピット時間がかかりピットアウトした場所は、渋滞の中でした。そこでハミルトンとの差が広がってしまい、2度のワールドチャンピオンも焦ってあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 25 / コメント 0

2007/09/30 18:29
30年ぶりの富士でのF1日本GP公式予選結果
30年ぶりの富士でのF1日本GP公式予選結果 x午前中に予定されていたフリー走行は悪天候のせいで中断となってしまいましたが、予選はウエットコンディションで時間通りにスタートし、スケジュール通りに進みましたんだが、上位以外は荒れ模様の予選となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 2

2007/09/29 17:45
「Motor Sport Japan 2007」と日本GP
「Motor Sport Japan 2007」と日本GP 昨日、今日とお台場で「Motor Sport Japan 2007」が開催されていました。今週富士スピードウェイでの日本GP開催とあって、トヨタさんが積極的に参加していました。 トヨタ7も1969年製の日本Can-AMで優勝したマシンを展示してあり、マニアとしてはうれしい限りでした。この他にもCartのチャンピオンマシン、セリカのラリー車など古くからのモータースポーツファンにはうれしい限りでした。 F1も3台展示されており、このRF107にはある時間帯、順番で子供をコクピットにのせるサービス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/24 17:35
MotoGP第15戦、カピロッシが3連覇
MotoGP第15戦、カピロッシが3連覇 路面コンディションがウェットからドライと変化する中、早めにタイア交換(マシンチェンジ)したカピロッシが、もてぎ開催の日本GP3連覇を達成しました。同僚のストーナーも6位に入り、見事MotoGPクラスのチャンピオン決定、 ドゥカティ・マルボロチーム、BSにとっては最高の日本GPとなりました。 予選は好調だった125ccの小山選手、250ccの周平選手はウェットコンディションにマシンが合わなかったのか順位を落としと表彰台はなりませんでした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/09/23 17:19
ライコネンがスパ3連覇、2位マッサでフェラーリが今季3度目のワンツー
ライコネンがスパ3連覇、2位マッサでフェラーリが今季3度目のワンツー ベルギーGPは新装なったスパ・フランコルシャンを舞台に行われ、フェラーリのキミ・ライコネンがポール・トゥ・ウィンで今季4勝目を手にしました。2位にはチームメイトのフェリペ・マッサが続きフェラーリが今期3度目のワンツーです。 マクラーレンチームのポイントは剥奪の処分がくだされるなど、サーキット外の話題が豊富なF1界ですが、ここスパではフェラーリの強さが際立っていました。この勝利でコンストラクターチャンピオンを決定したフェラーリチーム、後はライコネンの逆転チャンピオンに向けて一丸となって富士に乗り... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2007/09/18 12:41
MotoGP第14戦、ロッシが接戦を制する
MotoGP第14戦、ロッシが接戦を制する 3番手フロントロウスタートのフィアット・ヤマハ・チームのロッシが、第9戦オランダGP以来、今季4勝目を挙げました。1 周目を4番手で終えたロッシは、3周目に3番手、9周目に2番手、そして続く10周目にトップに浮上、その後はペドロサとドグファイトを展開、最後にペドロサを振り切りチェッカーを受けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/09/18 12:39
アロンソの強さが際立ったイタリアGP
アロンソの強さが際立ったイタリアGP アロンソの強さ、マクラーレンの強さが際立ったイタリアGPでした。フェラーリの地元、真っ赤に染まったモンツァのスタンドが静まりかえってしまったゴールシーン、もうフェラーリの逆襲は考えられないのかもしれないと感じてしまうほど、完璧なレースをアロンソはしてと感じました。 フェラーリにしても、ライコネンのフリー走行3回目のクラッシュ、マッサのトラブルなど、予想外の事態はありましたが、チャンピオン争いはかなり厳しいと言わざるを得ないと思います。スパ、富士スピードウェイと続く高速サーキットの連戦、フェラー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

2007/09/10 15:44
ラリー・ニュージーランドは激戦を制したグロンホルムが優勝
ラリー・ニュージーランドは激戦を制したグロンホルムが優勝 WRC第11戦、ラリー・ニュージーランドは、年間順位で首位のマルクス・グロンホルムが合計3時間52分53秒9で勝ち、今季5勝目(通算30勝目)を挙げました。ラリーは最終ステージまで1秒を争う戦い、最終のSSでローブがトップタイムをマークしましたが惜しくも及ばずグロンホルムの優勝が決定しました。 また併催のPWRC第5戦で、新井敏弘が逆転で今季2勝目、ドライバーズ得点も2位のM・ヒキンズに24点差の39点に伸ばして、2年ぶりシリーズチャンピオン奪還に王手をかけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/09/03 15:23
MotoGP第13戦、ストーナーが3連勝を飾る
MotoGP第13戦、ストーナーが3連勝を飾る WGP第13戦・サンマリノGPはイタリアのミサーノアドリアティコで決勝を行い、ポールポジションからスタートを決めたケーシー・ストーナーが44分34秒720でポール勝ち、今季8勝目、通算8勝目を挙げました。ロッシがリタイアしたため、次戦で優勝、ロッシが6位以下ならチャンピオン決定となります。過去年間8勝をあげたライダーはチャンピオンになっていることからも、ストーナーのチャンピオンはほぼ決定ではないかと思いますが、どうでしょうか。 ■MotoGPクラス・決勝結果 1位:ケーシー・ストーナー/ドゥ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/09/03 15:21
ラリー・ドイツはシトロエンのローブ優勝。白熱の2位争いはデュバルが制す
ラリー・ドイツはシトロエンのローブ優勝。白熱の2位争いはデュバルが制す WRC第10戦ラリー・ドイツはレグ2で総合首位に立ったセバスチャン・ローブが最後までリードを守りきり今季5勝目を飾りました。 スバル勢はペター・ソルベルグ(スバル・インプレッサWRC07)の6位が最上位。ソルベルグはクラッチに問題を抱えながらも、SS17とSS18で3番手、SS19で2番手のタイムを出すなど終盤に入って調子を取り戻した。一方、レグ2で10位まで挽回したアトキンソンはSS15でデュバルに次ぐ2番手のタイムをマークしたが、続くSS16でフィニッシュ直前にマシンのコントロールを失いコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/08/20 12:50
MotoGP第12戦、誰にも止められないストーナーが独走優勝を飾る
MotoGP第12戦、誰にも止められないストーナーが独走優勝を飾る チェコGP決勝は、ポールポジションからスタートしたケイシー・ストーナーが独走をはかり、2位のジョン・ホプキンスに6秒の差をつけて優勝を飾りました。3位にはニッキー・ヘイデンが入りましたが、2人ともストーナーを脅かすことはできませんでした。 ヴァレンティーノ・ロッシは7位に終わり、ストーナーとのポイント差は60まで拡大してしまいました。 決勝 Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time 1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 43:45.810 2 J・ホ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/08/20 12:49
ハンガリーGP決戦はハミルトンが制す
ハンガリーGP決戦はハミルトンが制す ハンガリーGP決勝はハンガロリンクを舞台に行われ、70周のレースはマクラーレンのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインで通算3勝目を挙げました。2位はキミ・ライコネン、3位はニック・ハイドフェルドとなり、アロンソは4位に終わりました。 ハンガリーGP終了後、フェルナンド・アロンソは2009年までのマクラーレンとの契約を全うするかどうかとの問いに対し、明言を避けています。これにより早期離脱の推測がさらに高まっています。やはり予選でのトラブルがかなり影響していると思います。 アロンソとチームメ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 8 / コメント 0

2007/08/07 23:36
ラリー・フィンランド、アトキンソンとポンスがトップ6でフィニッシュ!
ラリー・フィンランド、アトキンソンとポンスがトップ6でフィニッシュ! ラリー・フィンランドは、マーカス・グロンホルムが優勝しました。グロンホルムがまたひとつ偉大なるレコードを更新しました。2000年にラリー・フィンランド初勝利を飾ったグロンホルムは以降、2003年にマルコ・マルティンに1度勝利を譲った以外はすべて優勝。これまでにラリー・フィンランド6勝をマーク、そして今回7勝目を挙げたことで、グロンホルムはひとつのWRCイベントにおいてもっとも多くの勝利を手にしたドライバーということになりました。 スバルは、エースのソルベルクはリタイアに終わりましたが、アトキン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/08/07 23:23
MotoGP第11戦、ストーナー今期6勝目
MotoGP第11戦、ストーナー今期6勝目 ストーナー強いの一言。このままチャンピオンへまっしぐらという速さと強さを見せたレースだったようです。これで4位に終わったロッシとは44ポイント差となり、チャンピオン意むけての視界は良好です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/07/23 19:19
雨のヨーロッパGP、アロンソが優勝
雨のヨーロッパGP、アロンソが優勝 雨がヨーロッパGPの結果に大きな影響を与えました。ポールスタートのライコネンはピットストップのタイミングを逸してレースが落ち着いた段階では3位となってしまいました。その後マシントラブルでリタイアと彼にとっては散々のレースだったと思います。 またマッサも最後の最後でアロンソに逆転されるなど、フェラーリにとっては厄日だったのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 2

2007/07/23 19:19
ヨーロッパGP、波乱の予選でライコネンがポール獲得!
ヨーロッパGP、波乱の予選でライコネンがポール獲得! ヨーロッパGP予選がニュルブルクリンクで行われました。まず、Q1で姿を消したのは、ジェンソン・バトン、スコット・スピード、ビタントニオ・リウッツィ、デビッド・クルサード、エイドリアン・スーティル、マルクス・ビンケルホック。琢磨とデビットソンのスーパーアグリはヨーロッパラウンド初めてQ2に進出です。Q3に入りラスト5分になったとき、ハミルトンがタイヤバリアに激突する大事故! 本人は無事でしたがヒヤッとする出来事でした。 ポールポジションを獲得したのは、フェラーリのキミ・ライコネンでタイムは1分3... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2007/07/22 16:37
MotoGP第10戦、ペドロサ今期初優勝
MotoGP第10戦、ペドロサ今期初優勝 2番グリッドからスタートしたレプソル・ホンダのダニエル・ペドロサが、41分53秒196を記録して今季初優勝を飾りました。ストーナーは5位、ロッシはリタイアに終わっています。 1位:ダニエル・ペドロサ/レプソル・ホンダ - 41分53秒196 2位:ロリス・カピロッシ(Loris Capirossi)/ドゥカティ・マールボロ(Ducati Marlboro) - 42分06秒362 3位:ニッキー・ヘイデン(Nicky Hayden)/レプソル・ホンダ - 42分09秒967 4位:コリン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/07/16 08:18
イギリスGP決勝、ライコネンが逆転優勝
イギリスGP決勝、ライコネンが逆転優勝 各車順にグリッドにつきスタートと思いきや、マッサにトラブル、エクストラフォーメーションラップとなり、マッサはピットスタートとなってしまいました。 レースはフェラーリ優勢ですすみ優勝は、2番グリッドから見事逆転勝利を飾ったライコネン。2位はアロンソ、3位はポールポジションからのスタートだったハミルトン、4位はクビサ、5位は最後尾からのスタートから追い上げたマッサ、6位ハイドフェルド、7位コヴァライネン、8位フィジケラ、9位バリチェロ、10位バトン、11位クルサード、12位ロズベルグ、13位ブルツ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2007/07/09 18:49
イギリスGP公式予選、ハミルトンが母国でポール獲得
イギリスGP公式予選、ハミルトンが母国でポール獲得 イギリスGPの公式予選が終了し、ハミルトンが母国で嬉しいポールを獲得しました。イギリス人ドライバーのポール獲得は12年ぶりとのことです。以下2番手ライコネン、3番手アロンソ、4番手マッサ、5番手ロバート・クビカ、6番手ラルフ・シューマッハー、7番手コバライネン、8番手フィジケラ、9番手ハイドフェルド、10番手トゥルーリというトップ10となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/07/08 13:17
MotoGP第9戦:ロッシ、シーズン3勝目を飾る
MotoGP第9戦:ロッシ、シーズン3勝目を飾る アッセンで行われたオランダGP決勝は、ヴァレンティーノ・ロッシが完璧なレースで今季3勝目を飾りました。11番グリッドからスタートしたロッシは猛追をかけ、残り3周でケイシー・ストーナーを交わしてトップに立ちそのままゴール。ストーナーは2位となりましたが、チャンピオンシップでのロッシとの差は21ポイントに縮まってしまいた。3位には今季初の表彰台となったニッキー・ヘイデンが入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/01 15:36
MotoGP第8戦:ストーナーがウェットレースを制して今期5勝目
MotoGP第8戦:ストーナーがウェットレースを制して今期5勝目 イギリスGP決勝は、ドゥカティのケイシー・ストーナーが優勝しました。ウェットコンディションでのレースで転倒するライダーが数名いたが、ストーナーはスタートで出遅れたものの安定した走りでドニントンパークを制しました。2位にはポールポジションからスタートしたコーリン・エドワーズが入り、3位には残り4周でヴァレンティーノ・ロッシを抜いたクリス・バーミューレンが入ったています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2007/06/25 13:00
アメリカGPはハミルトンが優勝
アメリカGPはハミルトンが優勝 マクラーレンのハミルトン選手が見事ポール・トゥ・ウィン、カナダGPに続き2連勝です。2位はアロンソ選手、3位はフェラーリのマッサ選手で、4位がライコネン選手でした。5位には期待の若手、コバライネン選手が入りました。最近好調な走りを見せていたBMWザウバーのハイドフェルト選手は終盤に入ったところでリタイア、クビサ選手の代役としてF1デビューしたベッテル選手は、見事に8位入賞しています。 スーパーアグリは、琢磨選手が素晴らしい追い上げを見せるものの、途中でスピン&コースオフし、残念ながらリタイア。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 0

2007/06/18 14:54
ル・マン24時間を征したのはアウディ
ル・マン24時間を征したのはアウディ ワークス参戦したアウディとプジョーによる一騎打ちに大きな注目が集まった今年のル・マン24時間レースが終了しました。レース終了約2時間前からの豪雨、上位陣の相次ぐリタイア、セーフティカーの導入などサバイバル的な要素も多かったようです。 優勝したのはアウディ1号車でした。2位は終盤エンジン関係のトラブルを抱えながらも、アウディ1号車の10週遅れでチェッカーを受けたプジョー8号車、3位にはプライベートエントリーのペスカローロ16号車が入りました。 「今年はデータ取りを主な目的にし、勝負は来年」とい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/18 14:35
アメリカGP予選、ハミルトンがポール、2番手にはアロンソ
アメリカGP予選、ハミルトンがポール、2番手にはアロンソ カナダGPとフロントローは全く同じハミルトンとアロンソ。そしてQ3のセクター2でちょっとしたミスでポールを逃したことまで一緒のアメリカGPのアロンソです。果たして決勝での巻き返しはできるのかどうかスタート次第かもしれません。 1 L・ハミルトン マクラーレン 1:12.331 2 F・アロンソ マクラーレン 1:12.500 3 F・マッサ フェラーリ 1:12.703 4 K・ライコネン フェラーリ 1:12.839 5 N・ハイドフェルド BMW 1:1... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/06/17 09:21
完全に水入りとなった予選2日目。初日のタイムでプジョー8号車がPPを獲得
完全に水入りとなった予選2日目。初日のタイムでプジョー8号車がPPを獲得 朝からシトシトと降った雨が、一旦止んだものの、午後4時前と午後6時過ぎには土砂降りとなったル・マン。予選2日目のセッション開始予定時刻の午後7時になっても、この雨はやむことはありませんでした。 その中で逆転ポールを狙うアウディ勢が11,2位を奪いましたが、ウエット路面でのタイムは4分台に留まり、その結果、前日の予選1回目でトップだったプジョー8号車がそのままポールポジションに収まることとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/16 09:27
ル・マン24時間レース開幕、予選初日はプジョーが最速
ル・マン24時間レース開幕、予選初日はプジョーが最速 週末に開催される伝統の第75回ルマン24時間レースの公式予選がはじまりました。初日の天候は雨、その中で有力2チームが熾烈な争いを繰り広げました。午後7時にコースがオープンされアウディ3台、プジョー2台のマシンがロングランを行いながらのタイムアタック、タイムは終始アウディの2号車がリードしていましたが、最後のセッションでプジョー8号車がトップタイムをマークして初日のアタックは終了しました。注目の集まるビルヌーブは予選3位につけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/06/15 10:17
MotoGP第7戦:ストーナーが接戦を制する
MotoGP第7戦:ストーナーが接戦を制する カタルーニャGP決勝は、ケイシー・ストーナーが大接戦となったレースを制しました。レースはぺろろさがホールショットを決め、4番グリッドのストーナーが2番手、ド・プニエが3番手となり、ポールポジションのロッシは4番手にポジションを下げました。序盤は上位4人とホプキンスを加えた5人がレースをリードしましたが、中盤以降はストーナー、ロッシ、ペドロサの3人が激しいトップ争いを演じ、 ファイナルラップまで続いたトップ争いは、ロッシのプレッシャーを見事にはね除けたストーナーが大接戦のレースを制しました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/11 18:32
カナダGP決勝、ハミルトンが初優勝を飾る
カナダGP決勝、ハミルトンが初優勝を飾る ポールポジションからスタートしたマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンは、1時間44分11秒292をマークしてポール・トゥ・ウィンでキャリア初優勝を飾った。 デビュー以来5戦連続で表彰台入りを果たしているハミルトンは、クラッシュが頻発して4度セーフティーカーが導入された影響で各選手が混乱に陥り、ペナルティや失格処分を受ける選手が続出するなど、完走が僅か12台という波乱のレースを22歳のルーキーとは思えない落ち着きと集中力で制し、デビュー6戦目にして史上4番目の若さで初優勝を果たした。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 0

2007/06/11 18:28
カナダGP予選、ハミルトンが初のポール、2番手にはアロンソ
カナダGP予選、ハミルトンが初のポール、2番手にはアロンソ カナダGPの公式予選がジル・ビルヌーブ・サーキットを舞台に行われ、マクラーレンのルイス・ハミルトンがF1デビュー6戦目で初のポールポジションを獲得しました。2番手にはフェルナンド・アロンソが入り、2戦連続でマクラーレンがフロントロウ独占。3番手はニック・ハイドフェルドとなり、フェラーリのライコネン、マッサは4,5番手となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2007/06/10 09:56
ラリー・アクロポリスはグロンホルムがイタリアに続き連勝
ラリー・アクロポリスはグロンホルムがイタリアに続き連勝 世界ラリー選手権・第8戦アクロポリス・ラリーが行われ、総合首位からスタートしたフォード・フォーカスのマーカス・グロンホルムが、合計タイム3時間49分22秒6を記録して優勝を果たし、今季3勝目を挙げました。 総合の3位にはペター・ソルベルグが入り、今期初の表彰台です。久々に表彰台に上ったソルベルグ「まだまだマシンは完ぺきとはいえないが、正しい方向に向かっていることは間違いない。これから2カ月間の休みの間にマシンをさらに改良して後半戦は優勝争いをしたい」と、笑顔で述べています。これからの逆襲に期待... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/04 18:12
MotoGP第6戦:ロッシが6連覇達成
MotoGP第6戦:ロッシが6連覇達成 世界ロードレース選手権・第6戦・イタリアGP決勝が行われ、3番グリッドからスタートしたフィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシが、42分42秒385を記録して優勝を飾り、地元開催のイタリアGP6連覇を達成しました。優勝を飾ったロッシは、チャンピオンシップでは首位のストーナーに9ポイント差まで詰め寄りました。日本勢では中野真矢が13位、玉田誠が15位でレースを終えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 1

2007/06/04 18:11
アロンソがモナコ2連覇達成
アロンソがモナコ2連覇達成 モンテカルロ市街地コースを舞台にモナコGPが行われ、マクラーレンのフェルナンド・アロンソがポール・トゥ・ウィンを達成しました。2位にはルイス・ハミルトンが続きマクラーレンがワンツーフィニッシュ。ハミルトンは開幕からの連続表彰台記録を5に伸ばしています。3位はフェリペ・マッサが入りましたが、今回はマクラーレンの敵にはならず唯一同一周回でゴールしたことが救いという、マクラーレンの強さのみが目立ったレースでした。 佐藤琢磨は17位でフィニッシュし、モナコで初の完走を果たしています。またチームメイト... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2007/05/28 12:25
MotoGP第4戦:バーミューレンが初優勝
MotoGP第4戦:バーミューレンが初優勝 フランスGP決勝は、クリス・バーミューレンが雨のレースを制してMotoGPクラス初優勝を遂げました。レースはスタート直後から雨が降り出し、スリッピーなトラックで転倒するライダーが続出しましたが、最終的には12番グリッドからスタートしたバーミューレンが波乱のレースを制しています。ポールスタートのエドワーズは失速して大きく順位を落としてしまい、ロッシがトップとなりますが、ロッシもズルズルと順位を落としてしまいます。その中で着実に順位を上げていったバーミューレンがうれしい初勝利、2位はマルコ・メランド... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/05/21 16:04
ラリー・イタリアはグロンホルムが優勝
ラリー・イタリアはグロンホルムが優勝 ラリー・イタリアは第3レグにドラマが待っていました。総合2位からスタートしたフォードのマーカス・グロンホルムは、合計タイム3時間48分42秒0を記録して逆転での優勝を果たして2勝目を挙げました。レグ2までトップを快走していたローブはまさかのコースアウトで今期2戦目のノーポイントに終わっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/21 16:03
スペインGP決勝、マッサが連勝、琢磨も殊勲の8位入賞!!
スペインGP決勝、マッサが連勝、琢磨も殊勲の8位入賞!! スペインGPの決勝がサーキット・デ・カタルーニャを舞台に行われ、フェラーリのフェリペ・マッサが2戦連続のポール・トゥ・ウィンを飾りました。2位はマクラーレンのルイス・ハミルトン、母国GPのフェルナンド・アロンソは3位でした。 トップ3の順位はスタート直後の1コーナーで決まってしまったのかもしれません。マッサを先頭に各車1コーナーに飛び込む中、2番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソが好スタートを切って、マッサを交わすかに思われましたが、マッサはこれを上手く押さ、逆にアロンソはライン取... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 0

2007/05/14 10:28
ノスタルジックカーショー2007
ビッグサイトで開催されているノスタルジックカーショー2007に行ってきました。今回はトヨタがマシンを展示すると言うことで期待していたのですが、目新しいマシンはあまりありませんでした。また、2000GTのレコードブレイカー展示の噂もありましたが、実際はプロダクションモデルの展示のみ、その中でオープンタイプの2000GTが見れたのが幸運でした。また機会を見つけて紹介していきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2007/05/13 13:24
スペインGP予選、マッサがポールポジション
スペインGPの予選が終了し、マッサが通算6回目、3戦連続のポールポジション獲得。2番手アロンソ、3番手ライコネン、4番手ハミルトン、5番手クビカ、6番手トゥルーリ、7番手ハイドフェルド、8番手コバライネン、9番手クルサード、10番手フィジケラというトップ10となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2007/05/13 13:08
1982年5月8日
今から25年前、伝説のドライバーが事故死しました。ジル・ビルニューブです。ゾルダーで開催されていたベルギーGPの予選で、スロー走行していたマシンに激突してしまいました。不運な事故だと今でも思っています。 ビルニューブは1977年のイギリスGPでデビューしています。デビューレースに鮮烈なイメージが残っています。そのレースがフェラーリ総帥の目にとまり、ラウダと入れ替わるようにフェラーリ入りして1980年からエースとして君臨していました。ゾルダーの事故についてはいろいろな因縁がありましたが、彼は記憶... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/09 13:45
MotoGP第4戦:ストーナー 今季3度目の優勝
MotoGP・第4戦中国GP・MotoGPクラス決勝は、4番グリッドからスタートしたドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは、44分12秒891をマークして今季4度目の優勝を果たしました。ストーナーは、18レース中4レースが終わった今の時点で、チャンピオンシップのリードを15ポイントに広げています。 ストーナーは2周目でトップに躍り出て、その後レースのほとんどをヴァレンティーノ・ロッシと争いながら走りました。最終的にはストーナーが元世界チャンピオンに勝り、ロッシよりも3秒前でレースをフィ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 2

2007/05/07 15:19
ラリー・アルゼンチン、シトロエンのローブが優勝
第6戦ラリー・アルゼンチン。最終日を総合首位からスタートしたスタートしたシトロエンC4のセバスチャン・ローブは、合計タイム2時間52分03秒8を記録して優勝を果たし、シーズン4勝目を挙げました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/05/07 15:18
アイルトン.セナ
アイルトン.セナがイモラで散ってしまってから、早13年が経過しました。ちょうど連休のさなか、家でF1を見ようと夜のニュースを見ていると、普段はF1放送があるので、F1の話題をださないフジTVのニュースが事故の第一報を放送しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/05/01 11:15
MotoGP第3戦:ストーナーが今期2勝目
トルコGPは、ドゥカティのストーナーがフロントローからトップにたち、後続を引き離して今期2勝目をあげました。このレース、タイアが勝敗をわけたようでBS勢力は表彰台を独占しただけでなく、6位まですべてをBS勢が占め、ミシュランタイア勢はへイデンの7位が最高でした。 ロッシは、1周目におきた多重クラッシュの影響で順位を落としましたが、いつものように追い上げて2位まで順位をあげました。しかしそこまでが彼の頑張り、ミシュランタイアがグリップを失いはじめ、順位をズルズル後退させて10位でゴール、ポイント... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/23 17:59
マッサ今シーズン初優勝、バーレーンGP
バーレーン・インターナショナル・サーキットを舞台に行わたバーレーンGPは、フェラーリのフェリペ・マッサが完璧なポール・トゥ・ウインで今季初勝利を挙げました。2位にはルイス・ハミルトンがが入り3戦連続で表彰台獲得、3位にはキミ・ライコネンが続き、ポイントリーダーのアロンソは5位に終わりました。期待していた、スーパーアグリの佐藤琢磨は、34周目にエンジンブローしてリタイア、デビッドソンも終盤の52周目に琢磨と同様、エンジンブローでリタイアという結果に終わりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2007/04/16 18:13
バーレーンGP予選は、マッサが2戦連続でポール獲得
バーレーンGPの予選が行われ、フェラーリのマッサがマレーシアGPに続いてポールポジションを獲得しました。2番手には、ハミルトンがはいり、デビュー初のフロントローからの決勝スタート、果たしてフェラーリより先行できるか注目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2007/04/15 09:36
1964 Nurburgring
このレースは、Hondaのデビューレースとして有名です。この年はJohn Surteesが初のワールドチャンピオンになるのですが、このドイツGPでも見事に勝利しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/04/11 18:06
アロンソ優勝! マクラーレンが1−2フィニッシュ
F1世界選手権第2戦マレーシアGPがセパン・インターナショナル・サーキットで行われました。スタートでアロンソはまっさの前に出ると、チームメイトのハミルトンも先行し2番手を走行、アロンソが逃げる中、マッサがドライビングミスで、コースアウトして順位を落としてしまいます。 結局レースで、優勝を果たしたのはアロンソ、マクラーレン移籍後初の優勝となりました。2番手には、チームメイトのハミルトン、ルーキーとして2戦連続の表彰台は見事の一言です。 3位には、ライコネン。ポールスタートのマッサは、結局5位で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

2007/04/08 19:37
マレーシアGPはマッサがポールポジション獲得、フェラーリ強し
マレーシアGPは公式予選が行われ、金曜日のフリー走行からトップタイムをマークしていたマッサがポールを獲得しました。フロントローのもう一席はアロンソが入り、開幕戦勝利のライコネンは3番手タイムをマークしています。心配されたライコネンのマシンのエンジンですが交換せずにこのまま決勝を走るそうです。佐藤琢磨はQ2には進出しましたが、予選14番手のポジションとなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 0

2007/04/07 16:41
ラリー・ポルトガル、ローブ圧倒的な強さで連勝
とにかくレグ2のローブの強さは圧倒的でした。すべてのSSでトップタイムをマークし、初日にグロンホルムとの約4秒差を一気に30秒以上拡げて最終日は安全走行に徹して(それでも数SSではトップタイム!)見事に優勝を飾りました。期待していたスバル勢ですが、ソルベルグが4位に入るのがやっとという状況、どうもタイアがミスマッチですぐに磨り減ってグリップがなくなってしまうことが原因のようです。アルゼンチンまでにはこの問題を解決してほしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/04/02 18:27
1969 LeMan24hours
この年のスポーツカーレースは、ポルシェの独壇場でした。対抗はフェラーリでしたが、まだフィアットに買収される直前で資金難のため、1台のワークスマシンのみでの参戦で結果は残すことができずに、唯一数年落ちのフォードGT40が時々好走するというレースがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/03/29 17:16
mixiはじめました
友人に紹介されて、mixiをはじめることになりました。はじめてみると結構はまってしまいますね。なんとコミュニティまで立ち上げてしまいました。ほとんど、ブログと同じでコミュニティは1960〜70年代のF1中心にモータースポーツについて語り合おうと考えています。まだ内容はあまりありませんが、ぜひ見に来てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/28 17:11
MotoGP第2戦:ロッシが今期初優勝
久しぶりにロッシらしさがでたスペインGPだと思います。スタートしてまもなくトップをいくペドロサを捕らえてトップに立ち、その後は一度もその座を譲らずに昨年9月以来久しぶりのMotoGP勝利です。今シーズンチャンピオン奪回にむけて、この勝利は追い風となると思います。ロッシファンとしては、次戦が楽しみとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/26 21:27
ライコネンの圧勝でオーストラリアGPは終了
ライコネンがピットストップのタイミング以外はトップを譲らず、他のマシンとは1台違う異次元の速さを見せ付けたオーストラリアGPでした。マクラーレン時代に時々顔をみせたポカも見せずに、速さはキミのまま、強さはミハエルという完璧なレース運びだったような気がします。 まだ1戦が終わっただけですが、今後はライコネン中心にチャンピオン争いが動いていく予感たっぷりの開幕戦でした。惜しかったのは、佐藤琢磨のスーパーアグリ、ピットストップ後に渋滞に巻き込まれてのポジションダウン! これがなければポイント争いに参... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 3

2007/03/18 15:54
開幕戦のポールはフェラーリのライコネン。琢磨は第3ピリオドに進出し10番グリッドを獲得しました
開幕戦オ−ストラリアGPは、公式予選が行われ、1分26秒072のトップタイムをマークしたフェラーリのキミ・ライコネンがシーズン初のポールポジションを獲得しました。2番手はフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、3番手はニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)となり、開幕前から好調と言われたチームがトップ3となりました。一番の驚きは何とスーパーアグリの佐藤琢磨が第3ピリオードに進出したことではないでしょうか。第2ピリオード進出をチームの目的としていたと思われるスーパーアグリうれしい誤算です。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

2007/03/17 17:46
スーパーアグリ、SA07をメルボルンで発表
成功裏に冬のテストプログラムを終了したスーパーアグリの鈴木亜久里チーム代表とドライバーの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンは、オーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキットのパドックで2007年シーズンを戦うSA07を発表しました。昨年のSA05の正常進化マシンとの発表ですが、ホンダRA106の進化形と言ったほうが正しいと言える噂通りのマシンです。スーパーアグリの公式ホームページのイラストを見るとその類似点がよくわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2007/03/14 19:57
ラリー・メキシコ、アトキンソン、新型マシンで総合5位入賞
ラリー・メキシコが行われ、スバルインプレッサWRC2007を駆るクリス・アトキンソンが見事に5位に入賞しました。初日の午後にエースのペターがリタイアする中、初日は総合2位を死守し、2日目に自身のドライビングミス、マシントラブルなどがありましたが、速さを存分に示した価値ある5位入賞だと思います。 ラリー自体は、初日からトップにたったローブが今期2勝目をあげ、以下グロンホルム、ヒルボネンのフォード勢が続き、4位にはシトロエンのソルドが入りました。 併設のPWRCは、マーク・ヒギンズがPWRC初勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/12 19:05
MotoGP開幕:ストーナーが初優勝
カタールGPで今年のMotoGPは開幕です。ストーナーが予選2番手からトップにたち、一度もその座を譲ることなくトップフィニッシュ、うれしいMotoGP初優勝を飾りました。ロッシもポールからストーナーと終始ドグファイトを繰り広げましたが抜くことはできずに2位に終わりましたが、チャンピオン奪回にむけて好スタートをきったのではないでしょうか。 日本期待の中野真矢は10位フィニッシュ、こんな談話をよせています。 「正直、こんな結果に終わるとは思ってもいなかった。レースウイークを通じて、セッティングは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/03/11 12:55
1967 Daytona 500
Juan Pablo MontoyaがNASCARで初勝利をあげました。レースはポールから飛び出したScott Pruettとの激戦だったようで、NASCAR特有のボディを当てあうデッドヒートが展開されたようです。なんでも序盤でScott Pruettを抜いたJuan Pablo Montoyaがピットストップのあやで21位まで転落し、追い上げて再びScott Pruettを抜いて勝利したというJuan Pablo Montoyaファンにはたまらない展開だったようです。これでDaytona500... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

2007/03/06 21:15
スバル新型WRCマシンを発表
スバルが今シーズンのニューマシン「インプレッサWRC2007」を発表しました。次週のラリー・メキシコから実践投入です。これでルノー、フォードとの対決が楽しみになります。さて新しいマシンの昨年型との変更点ですが、ラジエターとインタークーラーの配置変更が大きい点です。これでエアフローが向上したほか、フロントエンドのメンテナンス性も向上、またフロントセクションを軽量化させ、車体の重量配分もよくなったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/03 11:07
ホンダのカラーリングが発表されました
いろいろな噂が飛び交っていましたが、噂どおりのカラーリングで発表されました。Honda Racing F1 Team公式サイトには次のようにカラーリングについての記載があります。 このコンセプトには、「チームと、それをサポートしてくださる人々が一体となり、環境問題の解決のために取り組んでいこう」という力強いメッセージが込められている。 新しいコンセプトの概要は以下の通り。 <新しいマシンカラーリングの採用> ・マシンへのスポンサーロゴの露出を廃止※し、環境問題に直面する地球をイメー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 2

2007/02/26 22:14
モータースポーツのシーズン開幕まであとわずか/F1、MotoGP
MotoGP、F1と今開催中の合同テストが最後、あとは各チームの単独テストを残すのみです。いよいよ数ヶ月に及ぶシーズンが開幕しますね。各チームの仕上がり状況をチェックするのも面白いと思います。 ★F1 マクラーレンが好調のようです。昨シーズンの2強のフェラーリ、ルノーも調子を上げてきています。他ではBMWとウィリアムズの調子がよさそうですね。ホンダはバトンの辛口評価が気になりますが、バーレーンテストではある程度のタイムは出していますし、バリチェロはマシンをほめていますのでシーズンでもそこそこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 0

2007/02/25 16:25
ラリー・ノルウェー、JRCでルノー・クリオ・ルノースポールがデビュー、2位入賞
WRC第3戦ラリー・ノルウェーが開催され、フォードのヒルボネンが優勝、2位にグロンホルム、3位にヘニング・ソルベルグが入り、フォードがポディウムを独占しました。期待されたペター・ソルベルグは兄に遅れて4位にとどまりました。シトロエンのローブはコースアウトが影響して14位に終わりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/02/19 14:13
F1各チームニューマシン発表、後はスーパーアグリを待つのみ
トロロッソがニューマシンを発表し、後は来月12日のスーパーアグリの新車発表を待つばかりです。10チームのニューマシンを並べてみました。          12 Jan. トヨタ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/18 10:45
トロロッソも噂のニューマシンを発表
スクーデリア・トロロッソは13日、スペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットでニューマシンSTR2を公開しました。レッドブルに似ているといえば、似ていますし似ていないと言えば似ていない、微妙なマシンと受け止めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/02/15 17:55
スウェディッシュ・ラリー、プジョー207がデビュー
WRC第2戦スウェディッシュ・ラリーのPWRCにプジョースポールが製作したプジョー207S2000がスポット参戦しました。ジミー・ヨーゲのドライビングでの参加でしたが結果はリタイアという残念なもの、しかしオールドファンにとってプジョーという名前は懐かしく響きます。ルノー、ランチャなどとほとんどラリー用としか考えられないマシンを製作してWRCの舞台で接戦を繰り広げた昔が懐かしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2007/02/12 09:47
スパイカーがニューマシンF8−XU発表
2月5日にイギリスのシルバーストーン・サーキットでスパイカーが新車発表会を開催しました。コレスは07年をチームの“転換年”だと予測しているようで、シーズン後半にBスペックマシンを投入するまで、序盤は信頼性とパフォーマンスの向上に焦点を合わせるということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2007/02/09 14:39
ウィリアムズFW29発表
AT&T・ウィリアムズがトップチームの最後に2007年シーズンに向けて新車のFW29をチームの本拠地のあるオックスフォードで発表しました。チームの新しいレースカーの発表と、新たなタイトルスポンサーとなったAT&Tのカラーリングに加えて、チームは世界的なパソコンメーカーであるレノヴォとスポンサー契約を交したことも明らかにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/02/03 17:08
スーパーアグリは東京で新車発表会
スーパーアグリF1チームは、2007年用マシンの発表会を日本で行うことになったとチームのサイトで発表しました。日時は3月12日、場所は東京、SA07発表を行うと大変短いコメントんみが掲載され、詳細は別途明らかにされるとのことです。新車発表スケジュールが公表されたということは、FIAのクラッシュテスト合格のめどが立ったと判断できますから、一つハードルをクリアーしたのではないでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 8 / コメント 0

2007/01/31 21:05
ホンダRA107発表、有力チームが続々とニューマシンを発表しています
ホンダが昨日、2007シーズンを戦うニューマシンRA107を発表しました。注目のカラーリングはテスト走行時と同じ、ブラックでしたがマシンは細部にわたりRA106とは異なった一からの設計になっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2007/01/26 12:24
モンテカルロラリー終了
WRCモンテカルロラリーが終了しました。予想通りというか、シトロエンのローブ、ソルドがワンツゥーフィニッシュ、グロンホルムが3位入賞とここまでは、最終日を待たずに確定していたと思います。最終日の最終SSはアトキンソンがヒルボネンを逆転できるかの1点が注目点でしたが、スバルファンの期待にこたえて見事に逆転4位に入賞してくれました。 エースのソルベルグより上位入賞ということはたいへん評価できると思いますし、アトキンソンがソルベルグに負けない実力を持っていることが証明されたことは、今シーズンのスバル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2007/01/22 21:05
ミツビシとラリー
ダカールラリーは終盤を迎え、WRCはラリー・モンテカルロがスタートしました。ミツビシは昔からラリーに力を入れており、白いランサーがWRCで活躍していたことを覚えています。近年ではアドバンカラーのランサーが有名でしたね。ところが昨年は、市販車の不祥事からか、WRCにワークスとしては参加せず、ラリー好きなものとしてはちょっとさびしい思いでした。状況はことしも変わっていませんが、ラリー・モンテカルロでは有力プライベータにマシンを貸与して、レグ2終了段階で6位につけていますね。ぜひ今年はランサーがWRC... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 2

2007/01/20 09:46
F1・ヘレステスト初日
年が明けて初の公式テストが、16日(火)から始まり、ルノーとウィリアムズが参加しました。ルノーにとっては、新車R27を初めて公式に走らせる日となりました。今回のシェイクダウンはR27−02シャシーの調整が主な課題のようです。ダークブルーとイエローの暫定カラーリングを施したR27は、ジャンカルロ・フィジケラの手によって30周程度走行したそうです。ルノーのカラーリングは、来週の新車発表会までベールに包まれたままです、どんなカラーリングででてくるか楽しみですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2007/01/17 16:16
フェラーリ、ニューマシンを発表
フェラーリは14日、2007年シーズンを戦うニューマシン、F2007を発表しました。マシンは2006年を戦った248F1からカラーリング、シャシーともに大幅な変更をとげています。F1世界選手権を戦うマシンとしては53番目のマシンとなるこのF2007は、プロジェクト“658”として開発され、2007年の前後部、そして側面の保護を重点とした安全基準に適合したため、10kgの重量増加につながったとしています。 F2007はフロント・サスペンション周辺の空力を重点的に改善され、また、それに続くラジエタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2007/01/15 18:44
1961 Monaco GP
このレース、実際にみてはいないのですが、S.Mossのベストレースではなかったのかと思います。この年は、F1のレギュレーションがかわり排気量が1,500ccまでに縮小された年でした。下馬評ではフェラーリが圧倒的に有利といわれ、事実、F.Hillがチャンピオンになっています。 このモナコGPにも、3台のマシンを持ち込み必勝体制で臨んでいます。対するS.Mossは、ロブ・ウォーカーチームのロータス(http://f1-facts.com/ではクーパーとなっていますが、CGではロータスとなっていたよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/01/11 17:27
2007年暫定エントリーリスト発表
FIM国際モーターサイクリズム連盟が、2007年MotoGP世界選手権の暫定エントリーリストを発表しました。MotoGPクラスでは、久しぶりにゼッケン1が復活です。昨シーズンのチャンピオン・N.ヘイデンが栄えある1番をつけてエントリー。日本勢は、玉田誠がテック3・ヤマハチームから、中野真矢がコニカミノルタ・ホンダから参戦します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/22 15:48
元F1ドライバー、クレイ・レガッツォーニが死去
フェラーリやウイリアムズで活躍、F1通算5勝を挙げたスイス人ドライバー、クレイ・レガッツォーニが15日、イタリア国内で交通事故に遭い亡くなったそうです(享年67歳)。 1970年にフェラーリから、30歳イを超えてF1デビューを果たしたレガッツォーニは72年までフェラーリに在籍、73年にはBRMをドライブし、翌74年にはフェラーリに復帰し、エースのニキ・ラウダを盛り上げてランキング2位を獲得しています。その後はシャドウ、エンサイン、ウィリアムズなどのチームで活躍し、ロングビーチでブレーキトラブル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/17 09:23
アロンソ、ヘレステストで突然のマクラーレン初走行
2005、06年のワールドチャンピオンのアロンソが15日のヘレステストで突如としてマクラーレン・メルセデスのステアリングを握り走行したそうです。ヘレステスト開始前は、今年のドライブはないと見られていましたが、突如のドライブ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2006/12/15 21:15
Watkins Glen 1967
F1もヘレスで合同テストが行われていますね。早くも来シーズンに向けてのテスト、トヨタは日本の若手ドライバーを積極的に登用しています。日本人のF1ドライバーが多数参戦することは、日本でのF1人気が盛り上がりますので大歓迎ですね。さて今回は歴史を遡って1967年のUS−GPについてです。 この年は開幕前の下馬評では、J.クラークが1963,65年シーズンのように圧勝してチャンピオンを獲得するのではないかと言われていました。しかし、D.ハルムがチャンピオンとなり、クラークはランキング3位で終わりまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/10 12:17
平手晃平 F1デビューを果たす
TDPの若手3羽ガラスの最後のひとりとなってしまった平手晃平が、ヘレス合同テスト初日にF1デビューしました。平手選手はトヨタのF1マシンを駆って、75周を走行しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 20

2006/12/07 18:09
2007年F1公式エントリーリスト発表
F1を統括するFIAが、2007年のオフィシャル・エントリーリストを発表しました。特に目を引くような驚きはなかったですが、Honda Racing F1チームがラッキー・ストライクの代わりとなるタイトルスポンサーの名前を挙げていないことは注目です。 もう1つ気になる点が、両レースドライバーを“TBA(未定)”としているトロ・ロッソ、スコット・スピードとビタントニオ・リウッツィの残留が確実視されているのですが。 また、これまで正式名を“SUPER AGURI F1チーム”としていたSUPER ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/12/05 20:25
小林可夢偉がF1デビュー
自動車レースF3の20歳の日本人ドライバー、小林可夢偉が29日、F1デビューを果たしました。スペインのカタルーニャ・サーキットで行われたF1のテスト走行に所属チームのトヨタから参加の機会を与えられ、81周を走り込み、ベストタイムは1分20秒731。テスト参加ドライバー18人中、最も遅いタイムでしたが、チームの評判はまあまあだとの事です。中島一貴につづき若き戦士たちがF1に登りつめつつあることはF1ファンとしてうれしい限りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 0

2006/11/30 20:17
2007年F1はどうなる?
マクラーレンのセカンドドライバーにR.ハミルトンが決定して、来シーズンのドライバー、エンジンのラインアップはかなりのチームで固まってます。ちょっとまとめてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2006/11/25 12:28
WRCニュージーランドに“アイスクール”セブ&“ドクター”ロッシ登場
昨日から開催されている、WRCラリー・ニュージーランドのプレスカンファレンスに、S.ローブとV.ロッシの2名のチャンピオンが現れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/11/18 17:35
ロッシ、DTMメルセデスAMGを試乗、来週はWRC
最近のロッシは、様々なカテゴリーの4輪に乗っているようです。9日には、M.ハッキネン(今年は、DTMでレースして、2位に入っているそうです)のメルセデスAMGを試乗したとか、来週はラリーニュージーランドにスバルインプレッサで出場するし、本家のMotoGPはどうするのかと思っていると、月末の合同テストには参加する旨、ヤマハに連絡が入っているそうです。 オフシーズンは、ハンドルを握ってリフレッシュしているのかもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 12:03
Mexico City 1965
こんなタイトルではじめてみました。ホンダF1初優勝の1965年のメキシコGPです。知っている方も多いですが、この年は排気量が1,500ccまでのエンジンで行われる最後の年、そしてこのメキシコGPが最終戦ということで、ホンダRA272にとってはラストレースでした(他のマシンも同じですが)。リアビューのRA272って珍しいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/08 20:03
MotoGP/2006年と2007年は?
今年のMotoGPは、ヘイデンの劇的なチャンピオン決定で終了しましたが、読売新聞にその経過が掲載されています。一般紙ですが、結構詳しく統計などを引き合いにだし、来年の予想もしています。この写真、今年の2人のフェアな戦いを象徴していますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/04 12:41
モトGPでヘイデン初タイトル WGPバレンシアGP
二輪のロードレース世界選手権(WGP)今季最終戦のバレンシアGPは29日、当地で決勝を行い、モトGPクラスでニッキー・ヘイデンが3位に入り、252ポイントで総合5連覇の強豪バレンティーノ・ロッシを逆転し、総合初優勝を果たした。 優勝は2番グリットからスタートして46分55秒415をマークした、今季スーパーバイク世界選手権王者トロイ・ベイリス。2位にはロリス・カピロッシが入り、ドゥカティがワンツーフィニッシュを決めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/10/30 23:21
ロッシ、青山博がポールポジション/バレンシアGP
MotoGP最終戦のバレンシアGPの予選が行われ、前戦でポイントリーダーとなったV.ロッシがポールポジションを獲得。フロントローはドゥガティ2台が占め、ニッキー・ヘイデンは中野の後ろ5番手。その後ろにはペドロサ、ホンダ最後のレースを迎える玉田誠は15番手に終わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 1

2006/10/29 09:32
オリジナルカレンダーの作成
友人に教えられて、Webサイトにあるカレンダー作成を試してみました。簡単に作成することができますね。レーシングマシンの写真によるオリジナルカレンダーって自己満足かもしれませんが、何かかっこいいですね。でも写真は借り物、休日にゆっくり楽しんで作成することにします。他にもいろんな種類がありますから、試す価値大です。 このサイト → http://www.kabegamikan.com/cgi/calendar/  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/25 20:54
ブラジルGP決勝;マッサが優勝、アロンソは2連連続でワールドチャンピオン!
2006年FIA F1世界選手権第18戦、 今シーズンの最終戦となったブラジルGPは、午後2時、ポールポジションのフェリペ マッサを先頭に、22台の車がフォーメーションラップへと向かう。パレードラップを終えてすべてのクルマがグリッドに整列し、スタートのときを待つ。 そしてスタート、中段からスタートしたシューマッハは華麗なドライビングでポジションアップ、アロンソがリタイアしたら、逆転チャンピオンもあるかと思われたそのときにスローパンクチャでピットイン、チャンピオンの夢ははかなく消えてしまった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 1

2006/10/23 20:02
マッサがPPを獲得!ミハエルはまさかのトラブルで10位!
2006年FIAF1世界選手権第18戦、今シーズンの最終戦となるブラジルGPは公式予。セッション開始直前の気温は21℃、路面温度30℃、湿度63%、ドライコンディションとなっている。 ミハエルのトラブルで開始された第3セッション、ライコネンがフロントローを確保するなど、鈴鹿とは違う顔ぶれとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 1

2006/10/22 10:45
ロッシがチャンピオンシップトップへ
何と、レプソルホンダのペドロサとヘイデンがこともあろうか、両者が絡んで転倒リタイアというとんでもない幕開けでスタートしたポルトガルGPは、ロッシが2位に入賞し、今シーズンはじめて、ポイントランキングのトップにたちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/10/16 20:06
WGP・ポルトガルGPはロッシ、ヘイデンが1列目で対決
ポルトガルGPの予選が終わり、V.ロッシ、C.エドワーズ、N.ヘイデンが1列目に並びました。中野真矢は7番手、玉田誠は14番手からのスタート。 キャメル・ヤマハは昨年のフランスGP以来の予選1−2独占、C.エドワーズがチームプレィをするかどうか、見ものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 1

2006/10/15 08:38
鈴鹿決戦から1夜明けて、シューマッハー敗北宣言「ドライバーズタイトル争いは終わった」
F1日本GPの37周目、それまでトップをリードしながら、エンジンブローによりマシンを止めたミハエル・シューマッハー。「これでドライバーズタイトル争いは終わった」と事実上の敗北宣言をするも、これまでのチームの働きに賛辞を惜しまなかった。 「我々は素晴らしいチームだ! 最高のスタッフがいて、全員が最高の仕事をしてくれた事にどんなに感謝しても足りないぐらい満足している。今日のようにトラブルでレースを失うことはモータースポーツの世界では常にあり得ることで、勝利が全員の力でつかむものなら、負けるときも全... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 2

2006/10/09 11:14
ミハエル・エンジントラブル、アロンソ優勝、鈴鹿の明暗/日本GP
20年目の鈴鹿は、数々のドラマを産み終了しました。残り17週目まさかのエンジントラブルでシューマッハの日本GPは終わってしまい、アロンソが優勝し、10ポイント差をつけ、最終のブラジルGPへと向かうこととなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 40 / コメント 0

2006/10/08 16:57
日本GP予選/フェラーリ1−2、トヨタが2列目に並ぶ!
2006年日本GP公式予選最終ピリオドでは、マッサがミハエルを上回る素晴らしい走りを見せ、1分29秒599でトップタイム。続いて2位ミハエル シューマッハ、3位ラルフ シューマッハ、4位ヤルノ トゥルーリ、5位フェルナンド アロンソ、6位ジャンカルロ フィジケラ、7位ジェンソン バトン、8位ルーベンス バリチェロ、9位ニック ハイドフェルド、10位ニコ ロズベルグとなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 25 / コメント 0

2006/10/07 15:29
フィジケラがトップ、フェラーリが追走/日本GP:フリー走行
雨模様で開幕した2006年F1世界選手権第17戦日本GP。ジャパンモータースポーツの聖地、鈴鹿サーキットには、すでに例年の初日を上回る数のファンが詰めかけ、熱気に包まれている。そんなファンの思いが届いたのか、午後になると雨は上がり、フリー走行2回目は曇り空の下で行われた。 多くのマシンがドライタイヤに履き替えたセッション終盤、午前中はまったく走らなかったミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が、ようやくアタックを開始。いきなり1分37秒744を叩き出して、トップタイムを大幅に更新した。さらにシュ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 22 / コメント 0

2006/10/06 16:57
1965年 インディ500
先日、http://motorsport.com/photos/を見ていると、J.Clarkの写真がありました。その中に1965年のインディ500の写真が数枚掲載されていました。ドライバーのJ.clarkは1960年代のナンバー1だと思っていますし、以前ブログでもご紹介していますので、ご存知だと思います。 このレースは、インディ史上初めて、ミッドシップレイアウトのマシンが勝利したこと、フォードエンジン搭載マシンの初優勝として歴史に記憶されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/05 16:31
ミハエル・シューマッハが優勝しランキング首位に立つ/中国GP
中国GP決勝でブリヂストンを装着するミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が大声援を送る大勢のファンの前で優勝し、今季初めてドライバーズ・ランキングの首位に立った。フェルナンド・アロンソ(ルノー)が2位でゴールし、両ドライバーは同一ポイントとなったが、優勝回数が1回多いシューマッハが上位にランクされた。シューマッハの優勝は、ブリヂストン装着ドライバーによるF1通算103勝目となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2006/10/02 12:43
アロンソ、フィジケラでフロントロー独占/中国GP予選
やってくれました、ルノーコンビがフロントロー独占という、ルノーにとって最高の結果をだしました。シューマッハは第3列に沈み、第2列には、バリチェロ、バトンのホンダ勢がはいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2006/10/01 09:03
中国GP、シューマッハとアロンソのタイトル争いはどうなるか
今日は中国GPの予選、シューマッハvsアロンソのポジション争いが激化すること、間違いなしです。イタリアGPのように不可解な裁定が下ることのないフェアなポジション争いを期待しています。 特に注目は、マッサとフィジケラの2人、どこまでエースをサポートできるか、またコンストラクターズの得点にも影響しますから、こちらの面からも頑張るでしょう。 そして、ホンダ、トヨタはどこまでフェラーリ、ルノーに迫れるか、日本GPを控えてここで結果をだすことが次週の鈴鹿に大きく影響しますから、この2チームからも目が離... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/09/30 10:42
MotoGP・日本GPはカピロッシが連覇、ロッシは手堅く2位入賞
MotoGPは、昨日の予選でポールを奪取したカピロッシがポールショットを決め、メランドリ、ロッシを従えてトップグループを形成し、レースをリード。その後、ロッシはメランドリをパスするがカピロッシの速さには追いつけず、2位キープの走り、メランドリが3位とMotoGPクラスはイタリア勢が表彰台を独占して終了した。ヘイデンは5位だったのでロッシとのポイント差は12まで接近した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2006/09/24 16:50
MotoGP・日本GPはカピロッシが2年連続のポールポジション
23日、もてぎでの日本GP予選は、晴天のもと激しいポール争いが行われた。予選開始段階からカピロッシが好タイムを連発して、予選セッションを引っ張り、1:45:724でスペインGP以来のポールポジションを獲得した。2位には0.639秒差で逆転チャンプを狙うロッシが入った。フロントロー最後の椅子は前戦優勝のメランドリが滑り込んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

2006/09/23 18:50
MotoGP・日本GP初日はロッシがトップタイム
もてぎで今日から日本GP、注目のMotoGPクラスは逆転チャンピオンを狙うロッシが1:46:981のトップタイムをマークしました。 2位は前戦も予選2番手だった中野真矢、午前のセッション11番手からの巻き返しです。その後メランドリ、エドワーズ、そしてポイントリーダーのヘイデンと続きます。 明日の予選、この順位がどのように変化するか注目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/22 16:49
2007年F1開催を断念(鈴鹿サーキット)
鈴鹿サーキットは2007年はF1世界選手権を開催しない旨のリリースを発表した。1987年以来、20年連続でF1を開催してきた鈴鹿だが、来季開催に向けての努力もむなしく、今年でいったんF1開催の歴史を閉じることとなる。 リリースによれば、鈴鹿サーキットでは富士スピードウェイでの2007年F1開催が決まって以降も、FIA、およびFOAとの契約更新に向けた話し合いを続けてきたが、基本的合意に至らず、2007年は開催権契約を結ばなかったとのことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/21 14:33
新顔、新カラー満載のシルバーストン、ウイリアムズはトヨタエンジンを初テスト
シルバーストンでF1合同テストがスタート、ルノー、マクラーレン、トヨタ、ウイリアムズ、スパイカーMF1、スーパーアグリが参加した。 ウィリアムズは、トヨタエンジン搭載マシンを持ち込み、テストを行ったが初期トラブルで6週のみの走行に終ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/09/20 17:08
M.メランドリがウェットレースのオーストラリアGPを制覇、GP250では青山が3位入賞
小雨するウェットコンディションの中で中野真矢がレースをリード、しかし、ウェットセッティングのマシンに乗り換えたライダーたちのペースは素晴らしいものがあり、中野も9ラップ目にピットイン。 レースは、17週目にメランドリがトップに進出して優勝、C.バーミューレンが自身発の2位となり、接戦を制したV.ロッシが2位となりました。N.へイデンは11ポイントを獲得するにとどまり、ロッシとは21ポイント差、メランドリ、ペドロサが32ポイント差に接近した。来週の日本GPがますます楽しみになってきました。 中... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/09/17 18:28
遅ればせながらスーパーGT第7戦/レイブリックがもてぎを制し、タイトル争いでもトップタイに浮上
もてぎ300Km(スーパーGT第7戦)は、レイブリックNSXがポールポジションからレースをリードして、その後独走、みごと2連覇を達成しました。この結果、シリーズポイント争いにおいて、S.フィリップ選手と細川選手が合計68ポイントを獲得し、ドライバー部門の首位と同ポイントの2位に浮上し、チャンピオンが十分に狙える位置になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/16 16:45
1967年 ルマン24時間レース
先週のスポーツ新聞で、「アウディR10 TDIが、ディーゼルスポーツカー初のALMSタイトルを獲得」という記事を目にしました。そうだ、1960年代は、F1とスポーツカーレースが人気モータースポーツの中心だったことを思い出し、今回はスポーツカーレースについて一言。 当時のモータースポーツは、F1はドライバー中心、スポーツカーレースはメーカー中心という構図ができていました。従ってメジャーなメーカーはF1にはあまり興味を示さず(フェラーリは別格ですが)、ポルシェが一時期参戦していたのを除き、エンジン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/09/13 16:40
シューマッハ、特別な勝利を地元イタリアであげる
シューマッハ引退会見のある(と思っていました)イタリアGPで、見事な有償をとげたミハエル・シューマッハの実力には敬服しました。先週にルノーが来年度のドライバー陣営を発表、コバライネンの昇格が決まり、ライコネンのフェラーリ入りが90%以上の確率となりました。 週末のメディアはほとんどシューマッハ引退一色の報道、金曜日に本人が異例の会見をするなど、レースではないところでの雑音が多かったシューマッハですが、さすが7度のワールドチャンピオン、しめるところはしっかりと10ポイントを獲得し、8度目のチャン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 0

2006/09/11 13:36
イタリアGPは、ライコネンがポールポジション
わずか、1000分の2秒差でシューマッハを抑えて、ライコネンがポールポジションを獲得しました。昨年に続く2年連続のポール獲得です。マクラーレンは昨年もモントーヤが優勝していますから、決勝でライコネンの今年初優勝が期待できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2006/09/10 10:41
イタリアGP金曜フリー走行/ヴェッテルがトップタイム!
トルコGPに続いて、またまたBMWのヴェッテルがトップタイムをマークしました。シューマッハ、マッサのフェラーリが2,3位と占め、ライバルのルノー陣営は、アロンソの8位が最高で、フィジケラは15位という結果でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2006/09/09 10:49
ルノーF1チームの来季体制が決まりました
2007年シーズンのルノーF1チームの体制が発表されました。注目のドライバー体制は、ジャンカルロ・フィジケラと現在のテストドライバーであるへイッキ・コヴァライネンの体制で来季のシーズン参戦することが発表されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/09/07 14:28
ローブ 新記録樹立
ローブは日本でも新たな歴史をつくりました。ラリージャパンでの彼の優勝は、WRC史上最多の27勝目。カルロス・サインツを抜いて単独トップに立ったことになります。フィニッシュ後に、彼がWRC史上最高のドライバーなのかと質問されたローブは、彼より前にサインツを含む素晴らしいドライバーが何人もいたことを認めましたが、目標は5度のチャンピオンとのこと、やはり史上最強を記録の上でも目指しているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/09/04 19:10
モンツァではF1合同テストが行われ、マッサが連日トップタイム
来週、イタリアGPが行われるイタリア・モンツァでは、F1合同テストが3日間行われ、2,3日目はマッサがトップタイムをマークしました。トルコGP初優勝の余勢をかって絶好調のようです。 3日目はアロンソ、シューマッハ、ロズベルグとラップタイムが1秒以内に続き、本番に向けて各マシンの仕上がりは順調のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/01 21:33
2007年F1スケジュールも公表され、来週はいよいよイタリアGP開催
2007年F1暫定スケジュールも発表され、予想通り鈴鹿での開催はなし、またサンマリノGP、ヨーロッパGPもなくなりました(1カ国1開催の原則に従ったそうです)。そのかわりと言ってはおかしいですが、ベルギーGPが復活しました。 スケジュールはこちら      ↓  http://news2.as-web.jp/contents/news_page3.php?news_no=7470&cno=1&b6Ec=1 さて、来週はいよいよモンツァでのイタリアGPです。イタリアGPといえば、日本人にと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2006/08/30 12:37
トルコGP/ホンダはダブルポイントフィニッシュ
ハンガリーGP初優勝の勢いをかり、トルコGPでの走りが期待されたホンダ&バトンですが、結果は2強に及ばず4位にとどまりました。ただレース後の談話によれば、スタート時点での燃料がルノーよりたくさん搭載していたこと、セーフティカーが入ったことにより、ピットインのタイミングがずれてしまったことなど、当初想定したチーム戦略の修正を余儀なくされた結果によるリザルトだったそうです。 またイタリアGPには、来年を見据えて(FIAのエンジン開発凍結問題もあり)、2007年版スペックのエンジンを投入することが決... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2006/08/29 12:38
マッサがうれしい初優勝/F1・トルコGP
F1・トルコGPは、ポールからスタートしたマッサがそのまま独走、うれしい初勝利を飾りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2006/08/28 12:25
カルソニック・インパルZが、鈴鹿1000Kmを制覇、一樹GT500初優勝
スーパーGT第6戦・インターナショナルポッカ1000kmは、長丁場の173周のレースを終え、カルソニック インパルZが3位以下に1周の差をつけ優勝しました。Z勢にとっては今季初優勝。昨年のセパン戦で「XANAVI NISMO Z」が優勝して以来、14ヶ月ぶりの勝利となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/08/22 12:07
W.ガードナーと鈴鹿8時間耐久レース
先月末に、鈴鹿では恒例の8時間耐久レースが開催され、伊藤/辻村ペアが優勝しました。私の鈴鹿8時間耐久というと、1985年が思い出されます。 K.ロバーツが参戦したレースとして有名です。この頃のW.ガートナーと言えば、モリワキ門下生として、モリワキモンスターを駆って、驚異的なタイムでポールポジションを取ったこと、この年はGP500にホンダワークス(といって、F.スペンサーのサポートドライバーとして参戦ですが)でフル参戦している売出し中のライダーでした。 レースは、ロバーツ/平組とガードナー/徳野組... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/11 15:48
ホンダ39年ぶりのF1勝利
遅くなりましたが、ハンガリーGPでJ.バトン駆るホンダF1が優勝しました。オールホンダにとっては39年ぶりのF1勝利です。 レースは、ウェットコンディションでスタートし、レース途中で雨が降り出し、また晴天になりと天候に左右され、近年ではたいへん見ていておもしろいレースでした。こういうレースが本当のF1なのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2006/08/10 15:24
1997年ハンガリーGP
日曜日は、シューマッハ圧勝でドイツGPが終了しました。さて今週は、ハンガリーGP開幕です。真夏のF1連戦です。ハンガリーGPといえば、1997年が思い出されます。 前年のワールドチャンピオンのD.ヒルのベストレースではないかと私は考えます。この年ヒルは、非力なアローズに移籍し開幕からポイント圏内を走ることはほとんどありませんでした。アローズ+ヤマハのコンビネーションが非力であったためのことですが、ウィリアムズに移籍する前のHillを見ていて何かの悲哀を感じていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 17:37
フェラーリが圧倒的な速さでワンツーフィニッシュ! 
ドイツGPは、とにかくフェラーりの強さが目立った結果となりました。シューマッハが速いのは理解できますが、マッサの速さも際立っていましたから(マッサも十分速いドライバーですが)、フェラーリのパッケージ(BSとの相性も含めて)の優秀さが証明されたのだと思います。 また、久しぶりにライコネンが彼らしさをだしたレースだったともいえます。ルノーは、「マスダンパー禁止」が影響したのか今までのキレのあるレースではなく、たとえが悪いかもしれないですが、普通のF1マシンの走りだったような気がします。チャンピオン争... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2006/07/31 15:31
週末は、F1・ドイツGPがあります
週末には、ドイツGPが開催されます。いよいよスーパーアグリSA06のデビューレースですから、日本のマスコミは注目していると思います。勿論、私も注目しています。 さて、ドイツGPというと、1967年を思い出します。この頃のドイツGPは古いニュルブルクリンクサーキット(何と1周が22Km以上)で開催され、F1とF2の混合レースでした。このレースで優勝したのは、この年にワールドチャンピオンとなるハルム選手でしたが、一番注目をあびたのはJ.イクス選手でした。 F2のマトラを駆り、何と総合で1時期3位(か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/07/26 14:05
スーパーアグリSA06、ついにシェイクダウン!
スーパーアグリ待望のニューマシン、SA06が19日にシルバーストンでシェイクダウン走行を行なったそうです。これまでの白ベースのカラーリングから、赤が増えたカラーリングのSA06は、琢磨の手によってシェイクダウンされました。当初は2台用意する予定で、左近もスタンバイしていましたが、実際には1台のみで左近はもっぱら見学だったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2006/07/20 18:21
F1・フランスGP、シューマッハの強さ際立つ
久しぶりのブログです。さて日曜日に、F1フランスGPがマクニールサーキットで行われました。結果は皆さんご存知のように、シューマッハ独走勝利で、アロンソがピットストップ2回作戦に変更して見事に2位入賞、マッサもアロンソに負けない速さを見せつけて3位入賞と予選結果を反映させて表彰台でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/07/18 16:32
1972年・フランスGP
F1の次戦はフランスGPです。フランスGPとして思い出すのは1972年です。この年は例年と違い、クレルモンフェランで開催されています。レースはマトラに乗るC.エイモンのリードで始まりましたが、パンクで後退、その後は、病み上がりのJ.スチュアートのティレルが独走して優勝しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/07/11 12:19
フェラーリ復活のワントゥ
シューマッハを先頭にいざスタート、あっという間に1コーナーへ、そこで何と多重クラッシュ発生、あっという間に7台がリタイアするという荒れ模様でレースはスタートしました。 7週目に、セーフティカーが外れて再スタート、マッサがトップを奪い、琢磨・モンテイロが1コーナーで接触、この段階で9台がリタイアするという、最近のF1では考えられない展開となりました。 その後レースは淡々(1時期、マッサがリードした局面もありました)とすすみ、シューマッハ、マッサが1−2フィニッシュ、フェラーリにとっては昨年のアメリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/07/03 18:42
カナダGPはアロンソでした、次戦はアメリカGPですね
カナダGPは、アロンソが優勝しました。今年は昨年以上に強い気がします。ということで、話題を次のアメリカGPにします。 ここ数年、インディアナポリスでF1が開催されていますが、1960年代から70年いかけてアメリカGPといえば、ワトキンスグレンでした。1966年に16気筒のBRMエンジンとが唯一F1勝利を挙げたサーキットとしても有名ですね(こんなことを言うのは、私だけかもしれませんが)。 さて、1950年代は、F1シリーズに何とインディ500が組み込まれていたことを知っている方は少ないと思います。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/26 20:13
F1・カナダGPです
今日からカナダGPです。今年はアロンソ初優勝の期待がかかりますね。今年のアロンソは今まで勝ったことのないGPを勝っています(モナコ、スペインなど)ので、ここカナダも期待大ですね。完走率の高さは驚異的ですから今年のF1はほぼアロンソで間違いないかもしれません。このまま全てのレースで2位になればシューマッハの逆転はないのですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2006/06/24 14:44
アウディ、史上初の快挙。ルマンでディーゼルエンジン車が優勝
戦前の予想通り、今年のルマン24時間レースは、アウディR10が2位を4週引き離して優勝しました。このような結果だけ見ると楽勝のような気がしますが、2台出走したうちの1台はトラブル続出でトップからは13週遅れの3位(それでも素晴らしい成績!)となり、トップを走る車にも一歩間違えば、トラブルが発生したかもしれないことを考えると、レースはわからないものですね。 さて、2位にはペスカロロ・ジャッドが入りました。ドライバーの顔ぶれを見ると、何とセバスチャン・ローブがいるではないですか。彼って、WRCでシト... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2006/06/19 19:53
週末は、ルマン24時間レース開催です
今週末は、フランス・ルマンで伝統の24時間レースが開催されます。今年は、アウディがディーゼルエンジン搭載車での初優勝を狙うなど、技術的にも興味のあるレースとなりました。 日本からは、JLOCが、ランボルギーニ車としては、初めてルマンに挑戦します。国内GT300レースでの優勝経験もありますから、単なる参加ではない結果を期待できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/16 12:14
最近のF1グランプリ
どうも最近、F1見てても盛り上がりにかけるというかドラマがないというか、消化不良のレースが多いように感じます。何もアロンソが嫌いというわけではないのですが、あまりに簡単に勝ってしまうし、勝てないときでも表彰台をゲットしてしまう能力は素晴らしいと思います。 他のドライバーがだらしがないと言えばそのとおりなのですが、どうもここ数年(10年以上かな)はメーカー主導でF1が進んでいるのではと思います。 1960年代にさかのぼれば(一応、趣味のブログではこのあたりからのレースについての回顧録を書こうと思っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/14 19:10
週末はイギリスGP開催です
週末は伝統のイギリスGPがあります。イギリスGPといえば、最近では1995年を思い出します。J.ハーバードが勝った年です。D。ヒルの応援できたイギリス人が持ってきたユニオンジャックがジョニーのために打ち振られたシーンが印象的です。 そういえば、J.ハーバートは、国際F3000はジョーダンチームからの参戦でした。ジョーダンがミッドランドになりまた売却の噂があるとか、F1の移り変わりは日進月歩ですね。そういえばM.シューマッハもF1デビューはジョーダンでした。 週末のGPは、1995年のように本命と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/07 18:03
NETスピードカップ/1968
この年は、TNT(Toyota、Nissan、Taki-racing)の激突があり、モータースポーツもよくテレビで放映されていました。このレースもテレビ観戦したのですが、ドラマ的といえばこの年の中でも一番だったのではないでしょうか。 トヨタは4台の7、日産も4台のR380、滝レーシングは、2台のローラT70とポルシェ910が1台。ポールは酒井のT70がとり、長谷見(T70)、鮒子田、福沢のToyota7が第一列を形成しスタートしました。 まずスタートで事件発生、長谷見のローラと、田中健二郎のポル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/04 10:26
ロータス時代のペテルソン
1973年に、ロータスF1に乗ったペテルソンはポール9回、優勝4回と絶好調でした。しかしチャンピオンはJ.スチュアートが獲得しこの年で引退、その理由の一つには、F.セヴェールの事故死も影響したと言われています。 翌年もロータス72を駆り優勝をかさねましたが、いかんせん車がデビュー6年目ともなるといかに名車といえども戦力はイマイチでした。翌年からはロータス、マーチ、ティレルとチームをさまようことになります。そして運命の78年がスタートします。M.アンドレッティとのコンビでチャンピオンシップをリード... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/03 10:41
F1以外のR.ペテルソン
今回は、F1以外の活躍について語ってみます。なんといっても1971年のF2でしょう。マーチ712を駆り6勝してチャンピオンになっています。またこの年はスポーツカーレースにもスポット参戦し、ワトキンスグレン6時間レースに優勝しています(アルファロメオT33−3)。 翌1972年はスポーツカーレースにフェラーリワークス(312PB)でフル参戦、T.シェンケンとペアを組んで、開幕戦のブエノスアイレス1000Km、ニュルブルクリンク1000Kmの2レースに優勝し、セブリング12時間、BOAC1000Km... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/02 08:20
いとしのR.ペテルソン
さて6月に入って最初のブログは、私が好きだったF1レーシングドライバーのR.ペテルソンについてです。このブログのロータス79の写真が彼です。「スーパー・スウェード」「サイドウェイ・ロニー」などのニックネームも多々ある、1970年代を代表するドライバーです。 F1デビューは1970年のモナコGP、プライベートチームのマーチに乗って7位完走でした。当時は6位までが入賞で、彼が初ポイントをあげるのは翌年のモナコGP2位表彰台まで待たなければいけませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/01 18:38
ヨッヘン・リントとモナコGP
J.リントも好きなF1ドライバーの一人です。オーストリア人なのですが、よくオーストラリア人に間違われたそうです。現在は、B.ベルがーなどオーストリア出身のF1ドライバーはたくさんいますが、当時はタスマン勢と言って、オーストラリア・ニュージーランド出身のF1ドライバー(J.ブラバム、B.マクラーレン、D.ハルム、C.エイモンなど)が多数いたため間違えられたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/26 20:54
1967〜69年のモナコGP
今週末は、伝統のモナコGPが開催されます。私がF1というものを知ったのは1965年ということはこのブログでも書いています。最初に記憶に残ったモナコGPの話をします。 それは1967年です。この頃はテレビ放送などなく、結果は雑誌(または、英字新聞:火曜日の新聞には結果が掲載されていました)でのみでした。このGPでは、フェラーリのL.バンディーニがシケインでクラッシュし数日後に死亡するという痛ましい事故が発生しました。黒煙がのぼったマシンの前を他のF1マシンが疾走する写真を今も覚えています。 そして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/23 18:19
こんな映画もありました「栄光への5000キロ」
石原裕次郎が主演した映画です。結構ヒットしたと思いますので見た方も多いのではないでしょうか。五代(石原裕次郎)が、モンテカルロラリー、日本GP,サファリラリーを転戦するというストーリーです。あらすじは下記にリンクしあります。 おもしろいのは、ラリーとスポーツプロトタイプを同時にドライブしてしまうということ。当時、F1とスポーツカーレースの両方にでていたドライバーは多かったですが、ラリーまでとなると、知っている範囲ではV.Elfordしか思い浮かびません。彼は、モンテカルロラリーを勝ち、デイトナ2... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/21 10:27
ジム・クラークについて
昨日のネタに引き続き、J.クラークについて書いてみます。ご存知の方も多いと思いますが1960年代を代表するF1ドライバーです。私が初めて知ったF1ドライバーでもあります。 F1はロータス以外にはのらず、他のカテゴリーでもほとんどロータスに乗り、他メーカーの車にはほとんど乗らなかったことも有名です。こんな本が昔でていましたので購入して、J。クラークについて調べていたことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/20 11:39
1965年F1イギリスGP
1965年は、J.クラークがロータス33に乗って快進撃を続けた年として有名です。1963年にもF1ワールドチャンピオンになっていますが、この年は開幕から6連勝(正確には、モナコGPは欠場していますから、1+5連勝です)して、2度目のワールドチャンピオンになっています。 特に、後で知った話ですが、このイギリスGPは、レース後半でオイルポンプのトラブルで、前半のリードを使い果たして、2位となったG。ヒルをやっと振り切って優勝したレースとして有名だそうです。 1965年は、J.クラークが勝ったレースは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/19 22:34
F1スペインGPと欧州チャンピオンズリーグ
今日は、サッカーとF1の話題からです。 バルセロナのファンには、2つのビッグプレゼントですね。日本時間の早朝に行われた、サッカーの欧州チャンピオンズリーグ決勝で、ロナウジーニョ率いるバルセロナが、守護神レーマンを擁するアーセナルを2−1で破り、2度目の王座獲得。日曜日のアロンソのGP優勝と、お祭りが2度きたような騒ぎではないでしょうか。 サッカーは、結果しか見ていないのでなんともいえませんが、前半18分にレーマンが退場したのが、アーセナルには致命傷だったようですね。先制して逃げ切りを図ったようで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/05/18 12:27
コジマKE007について
夜なべに、納戸の片づけをしていたらこんな写真がでてきました。確か出版社に就職した友人にもらった写真の1枚です。雨の日本GP(’76F1インジャパンが正式名称)でのKE007のピットでの風景です。 長谷見昌弘が乗って、確かファステストラップをだしたと思うのですが、当時はフルタイム参戦でないと公式には認められないとかで、幻の最速ラップだったと記憶しています。「日本のレース名レース100選」でも最速ラップは、リジェのJ.ラフィーとあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/05/16 22:01
「グランプリ」という映画
1967年だったと思います。今はもうありませんが、テアトル東京(銀座1丁目にありました)という映画館でこの映画を見ました。F1グランプリを題材とした映画で、なんと三船敏郎がでています(たしか、ヤムラという日本の自動車メーカーの総帥:本田宗一郎さんがモデルですね)。彼が率いるヤムラとフェラーリ、BRMの3メーカーによるチャンピオン争いと男女の恋の物語(こちらはまだ中学生だったのでよくわからず≪笑≫)だったと記憶しています。 1966年のF1を1年近く取材というか、なんとF1に映画の撮影用のマシンが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/15 21:13
自動車レースとの最初の出会い
まだ小学生だったころ、ある本屋で買った車の雑誌が、「カー・グラフィック」でした。1965年の確か10月号。タイトルも英語だったような気がします。 その中に、F1ドイツGPの記事。J.クラークが勝って、ワールドチャンピオン決定とありました。何か、葉巻みたいな車でレースするんだという印象が残っています。 それからしばらくたって、「ボーイズ・ライフ」に、富士スピードウェイの杮落としに、J.クラークが来訪との記事がでました。そして、5月の連休にふとテレビをつけると、第3回の日本GPの予選中... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/05/14 17:38

トップへ | みんなの「モータースポーツ」ブログ

Motor Sportが一番 モータースポーツのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる